夏休みは休園しない保育園。親が休みの時に子供を預ける?預けない?

子供を連れて飛行機で海外旅行 未分類

夏休みの旅行計画

飛行機チケットも安く手に入りやすいこの時期、夏休みの計画をされるご家庭も多いのではないでしょうか。

保育園に子供を預けたばかりのご家庭にとっては、保育園では夏休みは一体どんな扱いになるのだろう?と、疑問に思われる方もいるかもしれません。

 

子供の預けかたやお休みの取り方は、驚くほど保育園によって方針が違います。そんな影響もあり、保護者の考え方も人それぞれ。

 

これから夏休みを迎えるにあたり、ご自身がお子さんを預けている保育園は一体どういう方針でどういった考え方を持って子供たちを預かっているのかをよく理解することは大切です

 

ご自身の考えと保育園とが一致していればそれはとてもありがたいことですし、これから数年間子供を預けるにあたって安心できます。

 

逆に考え方が偏っていたり、自身と異なっていたりすると卒園するまでの数年間がとても苦しいものになってしまう可能性もあります。

今回は夏休みと保育園というテーマで私自身の経験も交えつつ書いていこうと思います。





 

保育園はお盆は休園するの?保育士の夏休みの取り方

保育士の夏休み
保育園で働いている保育士さんたちはどのように夏休みをとっているのでしょうか?

 

通常の認可保育園では「夏休み」といったまとまった休園日は設けられておらず、日曜祝日と、年末年始以外は保育を行なっています。

そうなると単純に考えて、子供達が休まないと保育士さんたちも夏の間通常通りの勤務になってしまいます。

 

なので、私が今まで子供たちを預けた園では事前に

「◯/◯〜◯/◯(だいたい2週間くらい)の間でお休みする日を教えてください。ご協力お願いいたします」

とお盆の近辺で休む日を聞かれました。

 

お仕事によってはお盆もお休みできなかったり、接客業などはむしろお盆の方が忙しいこともあると思います。

そういった場合は事情を話せば保育園自体は開園していますので預けられないことはありませんが、登園する園児が多かったり、預け入れの時間が長いとその分人員も必要になり、

保育士さんが充分な休暇を得ることができなくなってしまうこともあるので、自分がお休みできるのであればなるべく子供も休ませてあげた方が保育園としても助かります。

 

保育園は働くママにとってなくてはならないパートナー。一緒に自分の子供を育んでくれている、協力し合う仲間です。

 

お互いに協力し合うことで信頼できる関係を築くことができます。また、どうしても困っていること、大変だったり苦しんでいることがあれば、我慢せずに園に相談して見るのもとても良い方法です。

私も精神的に辛く家事も手につかなかった時に保育園が快く子供を預かってくださりとても助かった経験があります。





 

保育園により異なる仕事休みと保育園休みの考え方

「休みの日は子供も休ませなきゃいけない」とプレッシャーを感じるお母さん

一方、保護者の言葉に耳を傾けてくれる園もあれば、

「仕事と送迎時間以外は一切子供は預かりません!」といったスタンスの園もあります。

 

私が出会ったそんな保育園は、市立の保育園だったのですが。

 

お迎えの時間はいつもピタリと同じでなくては「何をしていたんですか?」と聞かれ、「寄り道はしてこないでくださいね。」と、クギを刺されます。

電車が遅れようものならハラハラドキドキでした。

 

子供がいて仕事をするということは職場よってはものすごくプレッシャーを感じます。仕事して、帰って家事育児して、自分の時間もなく毎日必死な上に保育園からもプレッシャーをかけられる。

それでも保育園に預かってもらわなくては働けなくなってしまうので、我慢しているお母さんも多々みかけます。

 

 

が、

本当の意味で母親に寄り添い、サポートし、お母さんが苦しい時には仕事でなくても子供を預かってくれる。そんな保育園もあります。

 

今うちの2番目と3番目が通っている保育園はまさにそんな保育園で。

 

 

私は極力仕事がお休みの時は子どもも園をお休みさせていたので平日も休む日があったのですが、そんな時に担任の保育士さんから

 

「今、保育園でお母さんのリフレッシュできる日を作ろうという働きかけをしているんです。お母さん、今度のお休みの日、お子さんを保育園に預けてリフレッシュしてきませんか?」

と、提案がありました。

 

ものすごく嬉しかったです。

 

結局家の掃除とか溜まった家事とかで休めはしなかったんですけどね。でもまとまった時間を作ることができてすごく助かりました。





母親が仕事休み=子供も保育園お休みは絶対!?

夏休みの公園

私が以前に子供を預けていた園もそうでしたが、このような考え方を持っている保育園や保育士さん、保護者はいっぱいいます。

 

けれど普通に生活していて子供がいると行けない場所、子連れだとものすごく疲れる場所は日本には本当にたくさんあります。

病院や美容室がその大きな例です。

映画館やショッピング、温泉なんかの娯楽もそうです。

 

両親や旦那さんが理解があって子供を見てくれて、その間に息抜きできる人はいいですが、必ずしも皆んながそれができる状況にいる訳ではありませんし(むしろそれができる人は少ないのでは…)、

大人しい子供なら一緒に連れて歩くこともできるかもしれませんが、うちの子供は少し目を離せばすぐに迷子になるような子でしたから、子供服を買いに行くのもままなりませんでした。

 

母親も人間ですから。たまには遊びたいし、自分に時間を使いたいです。

 

「仕事帰りにすぐに保育園にお迎えに行かなくちゃいけない」とか、

「今日はお休みだから子供を休ませなくちゃいけない」とか、

人それぞれの考えはあれど、どれが正解かは自分で決めることができるし、自分で決めた方がいいと私は思っています。





 

子供を育てるって、それだけで物凄くエネルギーを要するし、どんなお母さんだって頑張ってないことなんてないと思うんです。

 

自分に余裕がなくなると、「子供のためにどうしたらいいか」っていう目線ではなかなか見られなくなるし、周りが見えずらくなってきます。

 

そんな時は自分に優しく、自分に甘く。

自分を大事にしてあげることができて初めて、子供を大切にすることができるんじゃないかなと、自分自身を振り返っても思います。

(プレッシャーで押しつぶされそうだった時期は、いつもイライラしていて子供との時間を大切になんてできていませんでした)

子供が長期間保育園をお休みすると退園させられてしまう!?

保育園を退園させられそうで悲しんでいる子供

これは、、本当にそんなことがあるのかどうか。
担任の保育士さんのただの脅しかなとも思ったのですが。

 

私の旦那さんは中国人で、一人っ子です。我が家の長男は言うまでもなく旦那さんの両親から見たら初孫。

家族を大切にする中国人。しかも初孫の母親は日本人で日本語環境の中で生きている。

そうなると不安になる訳ですよ、言語の壁が。

 

そんな不安はうちの旦那さんにも伝染しておりまして(旦那さんは日本語ぺらぺらで、家でも日本語しか話さないんですけどね)、

ある時急に仕事を辞めると言いだし、息子を連れて中国へ帰ってしまいました。

そんな訳で1ヶ月保育園もお休み。

 

私は日本に残り変わらずにお仕事をしていたのですが。。。





 

「なんで1ヶ月もお休みしたんですか?」

子供が中国から帰ってきて始めて保育園へ行った日、例のいつもプレッシャーをかけてくる保育士さんからの質問攻めが始まりました。

 

「はぁ、主人が子供を連れて中国に帰ってしまいまして」

 

「ご主人はお仕事どうしてるんですか?そんなに長く休めるんですか?」

 

「(んなこと本人に聞いてくれよ〜。ってか、そんな事まで保育園に話さないといけないの!?)・・・」

 

(旦那さんが仕事を辞めることも子供を連れて中国へ1ヶ月行くことも、私は全く合意していなかったので)その頃心身ともに参っていた私には、保育士さんの質問はただの拷問でしかなく適当に流していると、

 

「今度また、こんなに長い間お休みすることがあれば退園になるかもしれませんので気をつけてくださいね!」

 

と言われました。

そんなの聞いてないぞ?と思ったのですが、

友人で3ヶ月半の地球一周の船旅に子供を連れて行って保育園を退園になった人がいるので、まんざらでもなさそうです。





保育料が変わらないのだからお休みするのは損!?

保育料を計算している

認可保育園の場合、保育料は月額が決められていてどんなに欠席しようとも決められた保育料が変わることはほぼありません。

なので、夏休みに長いお休みをとっても、祝日が多い月でも関係なく同じ額の保育料を納めることになります。

(保育料に関する記事はこちら 公立保育園、幼稚園の費用の違いと月々にかかる金額の調べ方 

 

私も昔は

「園に通う日数が異なるのに同じ額なのかぁ、そしたらたくさん休んだら損だな」とか、

「保育料を払っているのだから休みを園からとやかく言われたくない」

という、経済的にも心もとても貧しい考え方をしていました。(実際に生活が苦しかったというのもありますが…)

 

確かにお金だけのことを考えるとそのような考え方になってしまいますが、保育園を休むことでできる、子供と一緒に過ごす特別な時間もあります。

もちろん、前にも書いたように自分自身に余裕がなければただがむしゃらに子供との時間を増やしても、それは子供や自分自身が傷つく時間となってしまうこともありますが。

 

うちの長男は今小学2年生です。

私が仕事をしているので平日一緒に遊べる時間はほとんどありませんし、長期の休みも夏休みくらいですが、それも私が仕事をしているのでやはりお盆くらいしか遊びに行けません。

小学校へ入る前には、仕事の休みをとって保育園を休ませて、どこかへ出かけるという事も可能でしたが、学校が始まるとなかなかそうもできません。

習い事などを始めるとさらに自由はきかなくなっていきます。

 

長男がまだ幼かった頃、よく通りすがりのおばさんに

「今が一番楽しい時期よ」

と言われましたが、きっと過ぎてしまったら子供に振り回されている今の時期が本当に幸せな時期と感じるのだろうな〜と、なんとなく思います。

(振り回されている今はなかなかそうは思えませんが・・・)





まとめ

幼い時期に親と過ごした特別な思い出はありますか?

仕事と家庭とのバランスを取るのが難しい環境もあるかと思いますが、そんな中でも最善を選ぶことができますように。

 

今年の夏休みが、お子さん達と過ごす特別時間となるよう願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました