保育園の役員の決め方と役員会の時間や頻度。役員が役員会を欠席するのはあり?

役員会の保護者カード 未分類

役員会の保護者カード

4月に新しく入園、もしくは進級して新しいクラスや先生に慣れてきた頃に行われる懇談会。毎年度一番はじめの懇談会では役員決めがある保育園が多いのではないでしょうか。

懇談会自体あまり参加できない保護者の方も多いと思いますが、参加した場合役員決めの時のあの緊張感のある空気を体験する可能性は大いにあります。

 

保育園の風習、特色、またその年の役員になる保護者の方によっても一言に役員といってもいろいろだと思います。トラブルもあれば、「やって良かった」と思える事もあります。

「役員絶対なりたくない」と思われている方も多いと思いますが、時間的に余裕があるのであればやってみることをお勧めします。なぜそう思うのかも含め、今回は保育園の役員について書いていきます。





 

保育園の役員を引き受けるメリット

役員を引き受けるメリット

役員が好きな人は本当に好きで、毎年のように引き受けている人も実際います。目立ちたいわけではなく、役員てやってみると意外と楽しいんですよ。

  1. 人脈が広がる
  2. 頑張った後の達成感を味わえる
  3. 園の中のことを知れたり、友達のお母さんとも親しくなるので子供との距離が縮まる
  4. 感謝の言葉をかけてもらえる(例外もあり)

1と3のメリットが一番大きいのではないでしょうか。

保育園に子供を預けるお母さんは幼稚園とは違い平日にお茶とか、お迎え時に立ち話もろくにできません。

よってママ友ができにくいです。

 

ある意味それが楽な面でもありますが、知り合ってみると魅力的なママ達はいっぱいいて、みんな同じように育児と仕事で必死に頑張っていて、話してみると「すごいな、素敵だな」「こんな風になれたら良いな」とか、「同じことで困ってんだな」とか、そんな発見があったりします。

 

送迎時もそれまでは挨拶をするだけだったのが、話題も増えて話しやすくなりますし、保護者参加のイベント時にも、声をかけられることが増えます。何もしない時よりも確実に保育園ライフが楽しくなると思いますよ。

 

2番の達成感は熱い性格な人ほど感じるのでしょう。

私は合唱コンとか文化祭とか体育祭とか「みんなで団結して頑張ろうぜ」的なノリが好きなタイプなのできっと頑張れば頑張るほど達成感を感じてしまう、適当に手が抜けないタイプです。

なので適当にすませたい人からはウザがられますが、手を抜かない分終わった後の達成感はすごくあります。

 

3番は大いにありますね、子供が喜びます。

保育園に行く頻度も増えますし、お友達のことや園であったことなど、耳にする機会も増えるので家でもそんな会話をしたり。。

「子供がお世話になっているし子供に楽しんで欲しいから」という理由で役員を引き受ける方も多いのではないでしょうか。

 

4番は期待しすぎない方がいいです、感謝の言葉をもらえたら儲けものくらいで。





保育園の役員会は何時頃?頻度はどのくらいあるの?

保育園の役員会の時間は何時

うちの子が通っていた園では懇談会が年に5回、役員会はそれとは別に年6回ありました。

 

役員会で企画する行事は毎年恒例で決まっていて、

7月にプール開き1月に餅つき大会の年2回でした。

 

その他保育園側で主催するお祭りや運動会でも役員会の会長さんが挨拶をしたり、片付けや準備を手伝ったりもしていました。

 

役員は0歳クラス〜4歳児クラスはそれぞれ2名(2家族)、5歳児クラスからは4名(4家族)の役員が選出されます。

母親一人で引き受けている人もいましたが、夫婦で協力しあって役員会に出席したり、役割を果たしたりしている人も多かったです。

 

父母会費は役員会で企画している年2回の行事使い、毎年年度始めに父母会費として保護者から200円を徴収していました。

 

第一回目の役員会で徴収した父母会費の報告と今年度の予算の振り分けについて、役員の紹介などをプリントにして年度の始めに保護者全員に配ります。

行事の前と後にそれぞれ準備や役割分担と反省の為に集まり、年度の終わりに会計(会費の残高)の報告をプリントで保護者全員に配ります。

 

その他にも活動前にポスターを作って貼ったりなどの作業がありますが、それは担当した人が家で作成してくる感じです。

 

役員会の時間は懇談会と同じく13:00〜15:00、みんな仕事は半休とって参加していました(なので夫婦で協力しあっている人が多かったです)。

役員会で話し合う内容は準備のための役割分担もそうですが、「こうしたらもっといいと思う」等の意見交換もされていたので、前年度の行事に参加していないと話について行くのが難しいかもしれません。

 

うちの子が通っていた保育園はどちらかというと行事に熱心で、保護者も保育園を支えたいという気持ちで熱心な人が多かったので、役員決めで長時間沈黙することはあまりなく、いつも年初めの懇談会の時には

「今年は引き受けようと思ってました」

といって手をあげる方が必ずいました。そんな雰囲気だったので余計に引き受けやすかったです。

なので自主的に名乗りあげる形で役員を決めていても問題ありませんでしたが、保育園によってはくじ引きをしたり、先生方や前年度の役員さんから声がかかる指名制のところもあるようです。





保育園の役員を引き受けて後悔するパターン

役員を引き受けて後悔している犬

役員を引き受けやすい雰囲気も、いい保育園の条件の一つだなと卒園した今思います。どんなに慣れている役員さんでも、保護者一人一人や保育園の協力なしに活動の企画をするのは難しいです。

保護者の雰囲気や園の役員活動に対する協力体制はとても重要です。

 

実際に、役員を引き受けてから後悔する人がいるのも事実。

仕事、家事、育児で忙しい中での保育園での役員活動。保育園ママにとっては貴重な時間を割いている分、トラブルや面倒に巻き込まれると後悔するのも仕方のない事。

実際に起こりうるトラブルをご紹介します。

役員会でできないことを押し付けられて後悔

役員をしていて一番悲惨な状態が一人の肩に重荷が集中しすぎること。

母親をやっていて思いますが、その人の大変さや苦労は、その人になってみないとわかりません。「子供が一人だから」とか、「実家が近いから」とか、「仕事が時短だから」とか、そんな分かりやすいことで比べることってできないです。一人一人のキャパも違うし、子供の大変さも人それぞれ。苦手なことや得意なことも人それぞれです。

「〇〇だからこの人にお願いしよう!」とは他人が言えないんです。

 

皆んなが自分のできることを率先してやっていける状態が理想ですよね。

それが皆できないのであれば、なるべく負担を軽減できる案を考えるまでです。

 

そして、できないことを頼まれてしまったら正直に「できない」と言うことも重要。断るのが苦手な人も多いと思いますが、安易に引き受けてしまうと後で悲惨な事になったり、結果迷惑をかけてしまう事になります。

働くママでも役員できるものと思ってやってみたら物凄く大変そうで後悔

役員が実際にどんなものなのかをよく知らずに、自分もできると思い引き受けたら思った以上に大変そうで後悔するパターン。

これは熱意がある人たちの中にそこまでの熱意を持てない人が混ざると起こりうるパターンです。

 

その年の役員が大変かどうかは、その年役員をしている保護者の熱意によって決まります

うちの子供が年中さんの頃の年長組の役員の人たちは保育園最後の年ということで思い入れも強く、保育園での思い出をたくさん残したくてとても熱心に役員をされていました。

本当に熱心だったのでお母さん同士の信頼関係も深まったでしょうし、達成感も半端なかったと思います。

 

でもそんな中に、その熱さについていけない人がポツンと入ってしまうと結構キツイものがあります。

役員会で思うことを発言できれば一番いいのですが、それが難しければ役員会以外のところで他のお母さんの思っていることを聞いてみたり、自分の思うことを話してみたりするのもいいかもしれません。





役員で決定した事に対して他の保護者や先生から反対の声が上がりトラブルに

役員をしていると、役員会に出席している人たちがすべてのように錯覚してしまうことがあるのですが、実際には他にももっとたくさんの保護者がいて、保育園という施設を通して活動ができていること、忘れてはいけません。

 

保育園側の職員や園長が同席で話し合っている時はいいのですが、謝恩会やクラス会など、保護者のみでの企画をするときには特に注意が必要です。

謝恩会などは行う場所や、かかる費用、準備している企画や先生へのプレゼントなど、事前に他の保護者の方々にもお伝えしておく方がいいですし、園内で何かをする企画をしているのであれば、事前に園長先生に確認しておく必要があります。

 

私が役員をしていたときには決まったことをプリントにしてクラスの保護者全員にお知らせし、

「質問やご意見のある方は〇〇まで」と、

役員の連絡先も記載しておきましたが反対する人はなく、むしろ「準備してくれてありがとう」と声をかけていただき、本当に素敵な園と保護者の方々に恵まれたなぁと思いました。

 

ただ、家庭の状況や経済的な状況、本当に人それぞれ違うので数名の役員で決めたことを「決定事項です」という形でお知らせしてしまうと不満や不服を感じる人がいることもあります。

役員をしていると、一人一人に気を配ることの大切さを学びます。

役員にはなったものの、急に仕事が忙しくなり役員会に出席できず後悔

仕事の状況が急に変わったり、妊娠なども予想外に起こりうることです。

体調の変化や病気もあります。

 

当初役員をやるつもりでいたものの、役員会に出席するのもままならない。。そんな状況になってしまったら、早急に担任の先生に相談することをお勧めします。

 

一度や二度の欠席であれば問題ないとは思いますが、役員が減ることで他の人への負担が増える事になりますから、中途半端に引き受けたままでいるよりは、早めに相談して変わりに役員をしてもらえる人を探してもらった方がいいかと思います。





 

役員会は欠席しても良い?

仕事が忙しくて役員会を欠席するお母さん

いいも悪いも、どうしても出席できない状況は誰にでもあると思います。

 

ただ、その事について大らかに受け止めてくれる園か、それとも厳しい目で見られるかは園の雰囲気や一緒に役員をしている保護者の方々により異なります。

 

「皆んな大変なのは一緒。それでも時間作って役員会に出席してるんだよ。欠席なんて許せない」

と、思う人もいるだろうし、

「来れないなら仕方ないんじゃない」

と思う人もいると思います。

 

ただ、引き受けた以上は責任を持ってやって欲しいです。

まとめ

保育園の役員について、謎は解けましたか。

ちょっと面倒くさい役員ですがやってみるとなかなか楽しいですし、やってみる事で学ぶこともたくさんあります。

 

家から近い保育園に通っているのであれば、小学校へ行った後もお母さん達と関わる機会があるかもしれません。

小学校は小学校で人数も多いですし、保育園の頃のような密な関わり方はなかなかできません。役員会は保育園でしかできない人たちとの関わりを深めるいいチャンスでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました