子供の病気で保育園をお休み!そんな時の職場との上手な付き合い方とは

睡眠薬の副作用で具合が悪くなる子供 仕事の話

壮絶な保活を終え、子供を保育園に預けて働き出す。そこでまず待ち受けている問題が「子供の病気」です。

1年間育児休暇をもらい、お休みしていてやっと復帰、これから頑張るぞー。…と、思いきや、休む、休む。

そんなこんなで職場での肩身はどんどん狭くなっていきます。

けれど病気することを嘆いたところで子供が健康になるわけでもなく。親になった以上、現状を受け入れるしかないのです。

長男が1歳になってすぐに保育園に通いだした頃、毎月体調を崩していて保育園の先生からも「よく休んでますよね」と言われていた私。もちろん職場の風当たりもきつかったです。

でも働かなくちゃいけない!仕事を辞めたくない‼︎

そんな方へ、子供の病気と職場との上手なついあい方について今回は書いていこうと思います。







どんな時に保育園をお休みしなければいけないの?

まず知ってもらいたいこと、それは保育園の制度です。病児を預かってくれる特殊な保育園でなければ通常、熱が37.5℃以上になると預かってもらえず、園にいる間でも検温で熱があると「お迎えに来てください」との電話がかかってきます。

また、水ぼうそうやおたふく風邪、インフルエンザなど、流行性の病気は一度感染すると早くても1週間、治癒証明が出るまで園に通うことができません。

うちも今年は流行性の結膜炎に子供たちが次々とかかり、3週間お休みしました。(私もうつされました( ̄O ̄;))

近所に親や親戚がいてお迎えに行ける方はいいのですが、夫婦共働きでお迎えに行ける人がいない場合、当然両親のどちらかが早退、もしくはお休みしなければなりません。

保育園に通ってる子供は病気が多い

もう一つ知ってもらいたい事実。それは園に通う子供は家庭保育の子供よりも病気にかかりやすいということです。

考えてみると当たり前なのですが、家庭保育の子供は母親、父親、公園やスーパーにたまたまいた人。くらいしか1日の中で主に接点のある人はいません。

ところが保育園に通うようになると、たくさんのヨダレや鼻水を垂らした子供たちと一日中一緒にいるのです。

病気に感染するチャンスはたくさんあります。

通っていた園の園長先生に聞いたのですが、家庭保育から初めて園に通うようになると通い始めと、最初の秋から冬にかけては特に病気になりやすいそうです。






3歳、5歳、7歳、過ぎると病気をしにくくなる

七五三のお祝いは、ちゃんと意味のある数字なんだと、病弱な長男を育てて実感しました。

1歳児の頃はとにかく病気の多かった息子。食物アレルギーもあり調味料を使えず食器や調理器具も他の人と分けていたのが、3歳を過ぎてそこまで神経質に除去する必要がなくなってきました。

それだけじゃなく病気も断然少なくなりました。1歳児の頃には月に1、2回、必ず体調が悪くなり病院へ。

それが3歳を過ぎると体調が悪くなって行くのではなく、常に服用していた喘息の薬がなくなってしまいお薬をもらうために病院へ行くことが増えてきました。

診察の際に「どうかな?」と聞かれて、「元気です」と答えるのがとても嬉しかったです。

5歳を過ぎるとそれまで除去していた小麦を完全に食べることができるようになりました。

小さいお子さんで今は病気の多い子も、歳を重ねるごとにだんだん強くなっていきます。

今は病気が多くて大変でもだんだん楽になっていくことに希望を持って、ありのままのお子さんを受け入れて欲しいです。






子供によって病気しやすい子としにくい子、個人差がある

「あの人子供がいるからってお休みばっかりずるい!」こう思う方はたいてい、「あの人(他の人)は子供がいてもちゃんと働いてる」と、比べているのではないでしょうか。

3人の子供を育ててわかることは、子供は丈夫な子とすごく病気しやすい子がいる!ということ。

冒頭にも書きましたが、うちの長男は保育園へ入園したての頃、ほぼ毎月保育園をお休みしていて、3ヶ月後に入院をしました。1歳3ヶ月の時でした。

ところが、長女は長男よりも少し早い11ヶ月で入園したのですが、入園してからお休みすることは数えるくらいしかなく、恐れていた1年目の秋から冬にかけてもほとんどお休みした記憶がありません(忘れているだけかもしれませんが^^;)

保育園の先生からも「本っっ当に元気だよね!」とよく言われています。

 

状況が全く同じ人などいません。

同じように子供がいて働いていても個人個人家庭の環境や状況は違うのです。

また、その違いを完全に知ることはできません

 

妊娠中、立ち仕事だった私はつわりがひどく、我慢して働いていましたがある時、我慢しきれずトイレに行ったことがありました。

仕事場へ戻ると皆心配していて、特に上司は「どうしたらいいんだろう…」と困っていました。

妊娠の経験がなかったからどう対応したらいいのか分からなかったそうです。

そこでその中で唯一子供を産んだ経験のある方に「こんな時どうしたらいいですか?」と尋ねると

「私つわり全然なかったから分からない」と答えました。






妊娠、出産、子育て。どれも100人いれば100通り。それぞれに全然違った経験があるからこそ、「経験したから知っている」もしくは「あの人はああだったからきっとこうなんだろう」と思わないようにした方がいいと思います。

子供の病気によって職場に迷惑がかかる時、どんな対応すると良い?自分の気持ちの保ち方

「また休み‼︎⁉︎」

子供の体温を測った後のあのがっかりした気持ちったらないですよね。

職場の方も同じように思っているかと思いますが、それ以上に大きい母親の「また‼︎‼︎?」っていうがっかり感。よくわかります。

そしてそのがっかりした気持ちのまま職場に電話をかける憂鬱感。本っっっ当よく分かります。

 

仕方のないことなんですが、一緒に働いている方からすれば「なんだよ~」って思う気持ちもわかります。

精一杯頑張っていたのですが、それが職場の方には通じず怒られることもしばしばありました。

 

職場の方へのアプローチも大切だと思いますが、それ以上に自分自身の気持ちの保ち方が重要だと私は思います。

 

例えば

  • 育児の話を職場でも頻繁にする(大変だったこと、写真や動画、家で起きたエピソードを面白く話す)
  • 子供の体調なども常に職場で話す(今朝熱が高めだった、下痢が続いている、などなど。ちょっとした事でも前もって話しておく)
  • 自分の状況をオープンに話す(雨の日はチャリで…とか、保育園が遠い…etc)

主に話す事なんですが、これらのテクニックは上手にできると効果絶大で、私が働いていた職場でもこのテクニックをものすごく上手に使っている人がいました。

その人がいざ休んだ時、職場の反応が違います。

「大変だから仕方ないよね~」

ってなります。すごいです。






ただこれらのテクニックは得意、不得意がありまして…。私は自分の事を面白く話すのが苦手なタイプだったので、自分の気持ちを保つ(強くなる)テクニックを身につけました。

テクニック1.必要以上に悪いと思わない

最初は申し訳ない気持ちでいっぱいだったんです。毎回毎回、本当に申し訳なくて、でもどうすることもできなくて…。どうすることもできないんです。

そう、日本人は周りの目を気にし過ぎ!そしてストレス溜め込み過ぎ‼︎

疲れちゃうんですよね、それは自分にとってあまりよくないです。

「すみません」「申し訳ないんですが…」と謝って、それ以上気にするのはやめましょう。気にしても子供は元気になりません。

テクニック2.注意されたことは(不当なことでなければ)素直に従う、なおす。

「遅れてきたんだからちゃんと謝りなさい」

「はい、すみませんでした」素直に謝りましょう。

 

「子供がいる人ばっかり優遇されてずるいんだよね」←実際に言われたこと。

これは私にはどうしようもありませんが、相手の言うことが正当で、自分にできることであれば素直に従います。

そして、言われた事を必要以上に気にするのはやめましょう、相手に対して怒りを感じるのも違います。

怒った方が負け、私はそう思います。

テクニック3.仕事はきっちり、しっかりこなす。手を抜かない

自分の勤務時間が短い分、その時間内で終わらせることができる仕事はできる限り終わらせましょう。

人一倍、効率を考えましょう。きっちり仕事をする人に、文句は言えません。

テクニック4.誹謗、中傷を気にしない(傷つかない)

結局はここに集約されるのではないでしょうか。

どんなに頑張って、努力していても悪く言う人はいるんです。それはその人の立場から見れば当然のことなのかもしれません。

 

でも、小さい子供を育て、仕事をし、その子供が病気になれば家に帰るあなたは本当に素晴らしいと思います。自分に自信を持ってください。

 

職場の風当たりがきつかった時。私が自分を強く保つことができたのは、子供の存在があったからに他ならないと当時から感じていました。

どんなに人から悪く言われても、私の全てを受け入れ、信頼し、頼ってくれる子供の存在。その存在はどんなに素晴らしい仕事よりもかけがえのないものです。

 

自分の子供の母親は、自分しかいません。母親になることができたというその価値を、すべての働くお母さんに知っていただきたいです。






まとめ

人と関わる仕事には人間関係のトラブルはつきものです。

どんなトラブルも、相手をちゃんと知らないのに、知っていると思っているから起こるものがほとんどだと思います。

 

子供を育てたことのない人に、子育てを理解してもらうことは難しいです。

専業主婦しか経験したことのない人に働く母親の苦労を理解してもらうのは簡単ではないです。

同じように、子供がいない事で子育てしている人を仕事でカバーしなくてはいけない人を理解するのは、同じ経験をしてみないとわからない事です。

 

大切なのは理解しがたい自分とは違う相手を思いやる事

そして理解してもらえない現状を受け入れる事なのかなと思います。受け入れた時に、少し心の重荷が軽くなっているかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました