保育標準時間、保育短時間ってなに?延長保育料相場はいくら?何時から何時までが延長?一分でも間に合わないと延長になる?延長保育を断られる理由とは

認可外の保育園で遊ぶ子供 仕事の話

 延長保育でママの帰りを待ちながら一人で遊んでいる子供

保育園には、「〇時以降のお迎えは料金がかかります」と定められている「延長保育」というものがあります。

仕事の都合で絶対に間に合わないとわかっている人は料金がかかるのを承知の上で延長保育をお願いしている方もいますが、ただでさえ家計に大きなダメージを与えている保育料。なるべく延長料金は払いたくないものです。

 

私が以前働いていた職場は片道1時間半近くかかり、延長保育の時間になる前にお迎えできるように退社をすると16までしか勤務ができないような状況でしたが、ただでさえ少ない給料、延長保育料まで払っている余裕などなく「なんとしても延長になる前にお迎えに行かなくては!」と思っていました。

 

働くママは仕事が終わった後にも洗濯や夕食づくりや掃除など、第2ラウンドがまっているので延長していなくても家に帰ってからの慌ただしさが半端なかったです。

 

今回は、園や地域によっても少し違う延長保育のルールやマナーなど、詳しく書いていきたいと思います。






 

保育標準時間、保育短時間とは。認可保育園の基本的な延長保育の時間は何時から何時まで

延長保育時間をとっくに過ぎてしまった時計

こども子育て新制度で、保育時間には就労時間によって保育標準時間と保育短時間に認定されるようになりました。自分がどちらの時間に認定されるかによって、延長保育となる時間が変わってきます。

 

保育標準時間は従来通りの保育時間で保育園が開園する時間から18時(地域によっては18:30)までが預け入れ可能時間、地域により定められている延長保育時間(18時や18:30など)~閉園までが延長保育の可能な時間になります。

 

一方、保育短時間に認定されると午前8時(もしくは8時半)から16時(地域によっては16:30)までの間の園が定めた8時間が保育可能時間になり、その時間の前後は延長保育料がかかるようになります。

 勤務時間や通勤時間が考慮されて保育標準時間、保育短時間を自治体が決定します。

 

子供を保育園に預けている理由が妊娠や出産の場合は保育短時間に認定されているので、私も3人目を妊娠していた時には産前休暇に入る頃(出産予定日から6週間前頃)に「保育短時間に認定されました」という通知が自宅へ届き、8:30から16:30までが預け入れ可能な時間になりました。

 

その後仕事の復帰と同時に保育標準時間に戻りました。

私の通っていた保育園はその辺割とおおらかな方でしたが、きちきちした保育園では延長料金のかかる時間を自分でしっかり把握していないと、うっかりしているうちに延長料金がかかってしまう事になりかねません。

 





気になる延長保育料の相場

家計を圧迫する延長料金

 延長保育料は通常の保育料とは違って自治体でなく保育園が管轄しており、料金も直接園に支払います。

 

長女の通っていた園では、延長に入る時間を5分過ぎると500円。その後30分経過すると更に500円かかり、遅れたその場でお支払いします。

よく遅れることが分かっている人は月4000円をお支払いすると閉園時間までは保育をしてもらえます。

 

長男が通っていた園でも、同じく30分ごと500円でしたが、月額になると少し料金設定が違い、

18:30までの申し込みだと月3000円

19:00までの申し込みだと月4500円

19:00〜20:00の間にお迎えだと月7500円が保育料とは別にかかります。

更に20:00を過ぎると追加で1,000円がかかります。

 

もしうっかり延長の時間になってしまうと、後日集金袋を渡されて、お金を入れて先生に提出するようになっています。

 





1分でも時間を過ぎると延長になってしまうのか

延長保育時間がコクコクと迫ってくるのを告げる砂時計

どんなに延長保育にならないよう頑張って走って帰ってきたとしても、基本的に1分でも過ぎれば延長保育とされる保育園の方が多いです。

 

園の方針によっても多少の違いはありますが、玄関にデジタル時計が置いてあり、何分に園に入ったのかが目に見えてわかる保育園や、タイムカードを押す保育園、1、2分早かったとしてもおやつをあげてしまっていて「延長になります」と言われたこともあります。

 

長女と次男が通っている保育園は「5分までは猶予の時間」と決めていて、5分すぎるとアウトになります。たった5分ですが18時をすぎないよう必死に急いで帰っている私としては「とてもありがたいな~」と感じる5分でした。それでも過ぎてしまうことも何度かありましたが、5分以上すぎていては、「しかたないな」と諦めもつきます。

 

その保育園ではお迎えがいつもより遅くなる時も連絡すれば「お電話ありがとうございます」という返答が返ってきて、お迎えの際にも嫌な顔ひとつせずとても感じがいいのですが、お迎え時間が遅くなるといい顔をしない保育園もたくさんあります

 

長男が以前に通っていた保育園では、延長保育になるならない、関係なくお迎え時間を一人一人チェックしていて、10分いつもよりも遅くなると「なんで遅くなったんですか~?」「明日から気を付けてくださいね~」と言われます。

 

仕事は毎日時間ぴったりに帰れるとは限らないし、電車の乗り合いで通勤の時間も毎日同じとは限りません。 

そこまで細かいと息がつまるなと個人的には思いますが、それが当たり前と考えている保育士さんや保護者もいるので、どちらが正解というのではなく、自分自身がどんな園に入るのかだと思います。

 

入ったからには、園の方針にある程度あわせる必要があります。

  





延長保育を断られる理由

「延長保育を希望したのに断られちゃった」

そう言う友達がいました。理由は「その時間まで預けている人は他にいないんです」だそうです。

 保育園は表向きやってる時間なのに、そんな理由で断られることもあるんだな~と、びっくり仰天でした。

 

確かに、園に一人子供が残っているだけで一名以上のスタッフが必要になり園としては人件費もかかるのであまり好ましくはないと思いますが…。

この例でもわかるように、延長保育は子供にとっても負担となります「夜間も預かります」という特殊な保育園でない限り積極的に行う園は少ないようです。

 

身体的に配慮が必要な子供や1歳未満の子供なども延長保育を断られることがあります。

 

子供の安全や園の人員の問題など、いろいろな方面から判断されてのお断りだと思いますので、お仕事を融通したり、どうしても仕事が融通できないようであれば他に協力してもらえる機関を探すしかありません。

 

ちなみに断られた私の友人は近くに両親が住んでいるそうで、両親にお迎えと預かりをお願いしたそうです。

 





延長保育は子供がかわいそう?

ママの帰りを待ちながら一人でお絵かきをする子供

長男を初めて保育園に預けた時には、一刻も早く迎えに行ってあげたくて会社の帰りは毎日小走り。必死でした。

年月が過ぎ、3人目ともなると保育園に預ける事に私が慣れてしまって、つい仕事に没頭してしまいます。

 

3番目が1歳を過ぎた頃、お迎えのたびにわざと私に気づかないふりをしたり、喜びを抑えきれず興奮して他のお友達にタックルをしたり、お迎え時の不思議行動が連続して続きました。

ある日、お迎え時間がいつもよりも遅くなってしまった時、保育園のドアを開くとこちらを見ている息子の顔と目が合い、私の顔を見るなり「ひーん。。」と泣き出しました。

 

預け時にも泣くことはあまりなく、おもちゃで遊ぶことしか考えていないような息子ですが、やはりお迎えの時間が近づき、一人、また一人とお友達が帰っていくとなんとも言えない寂しさがこみ上げてくるものです。

 

自分自身の小さい頃を思い出してもそうでした。外が暗くなり、どんどんお友達が先に帰って行ってしまう時に「このままお迎えが来なかったらどうしよう」と、そんなことはないとは分かっていても不安が心にやってきてしまうのです。

 

それぞれに家庭の事情があるので、延長保育が絶対ダメとか、延長保育=かわいそうとは私は思いませんが、早く帰れる子達に比べて不安や寂しさ、そういった感情を口にしていなくても感じているということ、親は知っておく必要があるなとは思います。

 





まとめ

延長保育に関する疑問は解けましたでしょうか?

園によって閉園時間は異なりますが、私の住んでいる地域では大抵が延長して19時もしくは20時までの預かりになっています。

19時にお迎えに行ったら、家に着いたら19:30。速攻ご飯食べてお風呂に入って…。ちゃんと料理している時間もないですね。本当に毎日お疲れ様です。

 

お仕事でお母さんも疲れた分、お子さんも保育園で頑張っています。家に帰ってからやお休みの日、たまにはゆっくりするための時間もとってバランスをとりながら育児ライフを楽しめたらいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました