保育園に預けたい!専業主婦からパートに出て仕事をするにはいつからがベスト⁉︎仕事がない、採用されない保育園に落ちるのループからぬけだすには…

ママ会に行きたくないけどどう断ったらいいか分からないママ 仕事の話

仕事がない、保育園に預けたい、保育園が羨ましいと思っているお母さん

どんな仕事よりもブラックな仕事、それが主婦。その仕事内容は保育に調理に、清掃に、会計に、医学の知識も必要とバライティーに富み、残業どころか基本時間が決まっていないという…。給料もなく休日もない。そんな主婦業をしているみなさん、本当にお疲れ様です。

 

主婦が好きで向いている人はたくさんいますが、主婦業が苦痛と感じる人にとっては子供が園に通うまでの育児中の数年間はまさに試練の時。

 

何を隠そう私も、主婦が苦手と感じている主婦の一人です。

 

専業主婦をしている間にもどうやって社会復帰したらいいのかという事は常に頭にあり、自分のこれからについて深く考えていました。何十年も専業主婦という事は自分にはできないということが分かっていたのです。

 

とはいえ、「仕事をしたい!」という気持ちだけでは仕事はできないところがこの世の中の厳しいところ。子供ができてからの就活がいかに難しいかということも、身を持って知っています。

 

保育園に入れなければ仕事は見つからず、仕事がなければ保育園には入れない。

この現実には矛盾を感じずにはいられませんが、そうなるとどちらかを先に決めるきっかけが必要になってきます。

今回は保育園ママになりたい方、仕事をしたいけれど見つからないと思っている方へ向けて記事を書こうと思います。





専業主婦がパートや仕事を始めるにはいつからがベストか

子供のお絵かきを見ながらそろそろ働きたいと思っているお母さん

「子供が幼稚園に入ったら」とか、「子供が小学校に入ったら」と言う話はよく聞きますが、小1の壁なるものを今年私は実感しています。

 

親が学校に行くイベントの多いこと。

授業参観、懇談会、避難訓練ではお迎えに行き、給食費を集めに学校に行き、宿題の面倒を毎日見て忘れ物がないか毎日チェック、子供の登校を見守る当番なんかもあったりします。

 

一年生だとまだ一人で帰るのが危なっかしくてお迎えに行ったり、一人帰りしたらしたで、親との帰宅時間が合わずにすれ違いになってしまったり(家の鍵を持たせるのも失くしてしまいそうで心配だったり…)。

 

今まで仕事をしていた人でも「働きづらい」と感じる小学一年生。新しく働き始めるにはあまり適していないかもしれません。もし働くのであれば子供自身も小学校に慣れ母親自身もペースがわかってきた2学期からがオススメです

 

今は幼稚園でも「預かり」をしてくれる園も多いと聞きます。実際幼稚園に預けてお仕事をしているお母さんも結構いますので、幼稚園に通い始めてからも仕事を始めるチャンスと言えます。

 





保育園に預けたい!保育園が羨ましいと思うお母さんに知ってもらいたいこと

家事育児、仕事に追われてストレスフルなお母さん

私自身も保育園に預けられていて、保育園の良さはよく知っていますし「子どもを保育園に預けたい!」と思う気持ちもよく分かります。

けれど、親として子どもを保育園に預けていて時々「しんどいな…」と思うことがあります。

 

それは、

働き続けなければいけないと言うこと。

 

 

子育て中、一人っ子と決めていれば問題ないですが、妊娠や出産などでライフスタイルが変化することは往々にしてあります。しかし、子どもを保育園に預けている以上、お母さんは働き続けなければいけないのです‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎

 

これ、結構しんどいですよ。

 

普通に一人の子育てしながら働くのもしんどいですが、更に2人目妊娠、3人目妊娠、とかなってくると職場の風当たりも厳しくなってきますし、その都度つわりやら切迫やら。妊娠、出産にトラブルはつきものですし。仕事でも疲れ、家でも疲れ…。

 

お母さん、休まる時がないです。

 

 

それに、保育園に子どもを預けていると、普段保育園にいる時間が長すぎて子供の対応の仕方がわからなかったりします。子育ては「慣れ」なので、いつも一緒にいないと自分の子供でも不意打ちされたりするんです。

 

我が家の3番目は、ものすごく動きがすばしっこいのですが、1歳半くらいになったある日、私はコンビニで慣れない機械操作をしておりました。

そっちに集中している隙に息子がその機械にセッティングされていたパンフレットを大量に床にばらまき、

 

「わー‼︎大変なことになってる!」

 

と、慌ててパンフレットを拾っていたら、その隙にコンビニから脱走。ちょうど入り口から入ってきた男性がうちの息子が脱走していくのを目撃し、

 

「あの子、おたくのお子さんですか?」と声をかけてくれました。

 

「はっ‼︎」と気がついた時にはすでに息子は道路に飛び出す手前。

 

その声をかけてくれた男性がダッシュで捕まえてくれて事なきを得たのですが、自分の反応の遅さにびっくりしました。

 

普段、保育園の送迎以外で一緒に出かける機会があまりにも少なく、私の中で息子の歩くスピードが認識できていませんでした。

「これはヤバイな」と思った出来事でした。

 

 

一方、同じくものすごく動きがすばしっこい男の子を育てている専業主婦の友人は、その子が走り出すと速攻猛ダッシュで追いかけます。

 

彼女いわく、「少しでもスタートが遅れると、もう追いつけないんだよね」

だそうです。ずっと一緒にいるからこそ、できる反応だなと思いました。

 





「仕事がない‼︎」本当に仕事はないのでしょうか?

スマホで就職活動中のお母さん

「事務職に就きたい!」と思って仕事を探していた時、応募する案件ほとんど書類で落とされ、たまーに面接までいっても、その後届く通知は毎度毎度「不採用」

 

本当心が折れそうでした。

 

「事務職は経験もないし私には難しいのかも」と思い条件を緩めて近所のスーパーやパートの募集に応募したりもしましたが・・・、結果は残念。

 

仕事が見つからない‼︎

 

学歴は良い方ではありませんが社会での経験もそれなりにしてきたし、子供ができた後がまさかこんなにも仕事が見つからないとは思いもしませんでした。

 

実際、子供がいる事でこちら側の条件もかなり厳しくなっています。夜は働けなかったり、保育園がやっていないので日曜祝日は働けなかったり、当然急なお休みが増えることも想定できます。

 

「自分は社会から必要とされていないのだろうか…」

そんな気さえしました。

 

「どうやったら仕事が見つかるだろうか」と考えた時に「今のままの自分じゃダメだ」という思いが心にありました。

 

「社会に必要とされるスキルを身につけなくては、やがて歳をとれば本当の本当に社会から必要とされなくなってしまう」

 

育児がひと段落するまで待っていられない、こうしている間にも私の脳みそは衰えているのだから。

ものすごく変な焦りですけど、そんな気持ちが心から離れず、一刻も早く学びたい気持ちでいっぱいでした。

 

学びたい。。。学びたい。。。でも一体何を?

 

 

それまではある程度条件が一致すれば良いと思い色々な求人に応募していたのですが、「自分がどんなスキルを伸ばしたくて、何をしたいのか」を深く考えた時にたくさんの求人に応募することよりも、他の人にはないスキルを自分に身につけ、「欲しい」と思われる人材になりたいと思うようになりました。

 

とはいえ、当時私も30目前。

 

子供も2人いてそんな私に何ができるのだろうかと模索していた時に、「27歳でwebデザイナーになりました」という方が書いているブログと出会い、

 

「私もまだいけるかもしれない‼︎‼︎!!」

と、ものすごい希望パワーをいただいたのを覚えています。

 

当時の私と同じように、働きたくても仕事が見つからないと思っている方に尋ねたいのは

 

「あなたが本当にやりたい事はなんですか?」

ということです。

 

私の場合はですが、子育てをしていると「したい」より「しなくちゃいけない」が動機になってしまうことがどうしても多くなりがちでした。

「保育園に入れるためには働かなくちゃ。だからパートでも良いから仕事を探そう」とか「子供病院に連れて行かなくちゃ」とか、「宿題見てあげなくちゃ」「買い物行かなくちゃ」「もう夕食作らなくちゃ」とか…。

 

毎日しなくちゃいけないことに追われてやりたいことは後回し。トイレやお風呂などの基本的なことまで自分のことは後回し。

そうして生活していると自分が本当にしたいことは何なのかだんだん分からなくなってきちゃうんです。「きっとできない」と、諦めてしまうんです。

 

でも仕事って、生きている時間の中のかなりの割合を仕事に捧げているわけですよ、妥協して就いた仕事に貴重な人生のかなりの時間を捧げるなんて勿体なさすぎませんか?

 

本当にやりたいこと」を見つけた時、きっともっと頑張れるし頑張るのが楽しくなる。やるかやらないかを決めるのはいつも自分なので、「仕事がない」と思っている方は多分、自分自身が「仕事を見つけていない」だけなのかも。

 





まとめ

家族のために自分を犠牲に。昔は私もそれが正しいと思っていて、土日は必ず休んで家族と過ごそうとか、「カラオケ行きたい~」「温泉行きたい~」「ショッピングしたい~」っていう自分の欲求を我慢してひたすら家事育児に没頭しておりました。そうやって生きてみて、自分がどんどん死んでいくのを感じました。

そんな時期もあってよかったと今は思ってますが。

 

母親だって疲れるし、弱音吐いたって良いし、わがまま言っても良い。

そんな風に自分を許すようになってから、すごく楽になったように思います。

 

仕事も育児も、自分が「やりたい」と思ってやってるから本当に楽しい。

 

専業主婦もよし、保育園に預けて働く母ちゃんもよし。大事なのはお母さん本人がその選びを人や周囲の環境に強いらてするのではなく自ら「やりたい」と思ってすることじゃないかなぁと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました