保育園、途中入園の申し込み方法と入園が難しい時期はいつ?見学の電話連絡や結果のお知らせ方法とは。入園式はあるの?

背中で腕を組む子どもの手 未分類

背中で腕を組む子どもの手

保育園の入園時期は、入園する年の前年度の募集時期に申し込みをし、選考の結果入園が決定すれば入園決定通知が自宅に届き、4月からの登園が決まります。

(保活に関しての詳しい記事はこちら保育園探しはいつからがベスト?見学のポイントと注意点 )

 

4月から一斉に入園するのが一般入園、4月以外の月に入園するのが途中入園です。

 

一般入園とは違い、公に募集をしていない途中入園。どうやって申し込めばいいのか、また入園が難しい時期はあるのかなど、なぞが多い途中入園について書きます。






 

保育園の途中入園の申し込み方法

一人でおすわりしている子供

途中入園も4月入園もどちらも入園を希望する保育園が認可されている園か、認可外の園かで申し込みの方法が変わってきます。

認可されている保育園は入園に関することはすべて自治体で管理しているので、入園可能かどうかや申し込みすべての窓口が各自治体に問い合わせる形になります。

 

一方、認可されていない保育園は園で定員や申し込みの受付をしているので保育園に直接問い合わせると、申し込みもできます。

 

たまたま保育園に空きがありすぐに入園の手続きができれば保育園や自治体の方から提出が必要な書類を渡されます。入園を希望する日と手続きに必要な書類(就労証明など)を提出すれば希望の日から預け入れることができます。

 

しかし途中入園の場合地域によって大きく異なりますが、激戦区ではほぼ100%に近い確率で待機児童になります。

待機児童になった場合は同じく就労証明等必要書類を提出して、空きが出てからの連絡待ちとなります。

 





途中入園が難しい時期

長男を初めて保育園に預けようとしていた時、10月生まれで1歳と同時に預けようと考えていたので、夏ごろから保育園を探しはじめました。

周囲で子育てしている友達もまだいなかったので保育園に関する情報が全くなく、今考えるととてものん気でした。

 

市の家庭相談課を訪れると、今年度の保育園の募集要項(次年度の募集は10月頃から開始されるためまだなかったので…)と認可保育園の一覧が書かれたパンフレットをもらいました。

そこには認可されてる保育園しか掲載していないので、とりあえず近くの登園可能な場所にある認可保育園を見学してみることにしました。

 

保育園に行って入園が可能かどうか聞くと、先生の反応があまりにもあいまいで不思議に思ったのを覚えています。

 

「え~っと…どうなんだろうね?」

 

みたいなかんじ。

今思うと認可保育園の先生たちは定員について周知していないので当たり前の反応でした。

 

近場の保育園3園見学に行ったのですがどこも空きはなく、とりあえず待機児童として市で申し込みはしたのですが、入園できませんとの通知が家に届いただけでした。

ちなみに、入園できなかった児童は形式上待機の状態になってはいますが、ただ待機していても途中で保育園に空きができ、入園できるようになるケースはなかなかありません。

 

待機になった私はといえば

「保育園空いてない困ったな~。育児休暇を伸ばすかな~」と、のん気に構えておりました。

 

認可されていない保育園であれば入園が可能なところもあると思うのですが、当時、市では認可外の保育園の情報をもらえませんでした。

近所を散歩中にたまたま見つけた保育園に見学に行ったこともありました。園児が少なく経営が難しかったようで、しばらくしてつぶれてしまいました。

 

保育園には認可と認可外のほかに認定保育園というものがあります(認定こども園とは?保育施設の種類とその違い参照)

認定保育園の情報は認可保育園に入れない通知が届いた際に認定保育園一覧の用紙が同封されていました。

また、ホームページに載せている自治体もあるので、自分の住んでいる自治体の保育園について検索してみるといいと思います。

 

私はというと、たまたま知り合いで認定保育園の園長先生がいて、さらにたまたま定員が1名だけ空いていたので10月という入園が難しい時期にもかかわらず、認定保育園に入園することができました。

 

認可保育園の情報収集は、何度も市役所に足を運んだり、市役所で尋ねると「それは保育園に確認してみてください」と言われ、保育園で尋ねると「それは市役所に聞いてみてください」と言われ…。とても面倒くさかったのですが、認定保育園の申し込みは直接園で、一日で全部説明もしてくれて、すごくシンプルで分かりやすかったです。

 

そして途中入園が難しい時期についても園長先生に聞いてみると、

 

4月の時点で定員が埋まってしまうこともあるし、なかなか定員が埋まらないこともあるけれど、年度末に近づけば近づくほど定員が埋まっている可能性が高いんじゃないかな。普通夏くらいまでにはどの保育園も定員が埋まるよね。この時期(10月)に入れたのはすごくラッキーだよ。」

 

と言っていました。





見学やお問い合わせ時の押さえておきたいポイントとコツ

 

先にも書きましたが、認可の保育園の場合自治体で問い合わせることと、保育園に直接聞くこととが分からず困惑しました。

自治体に尋ねると分かること、保育園に尋ねるとわかることをまとめましたので、これを読んで的確な質問ができるようにしましょう。

 

自治体が管轄していること

  • 保育園の定員と人数
  • 保育料に関すること(料金や納入方法など)
  • 保育時間。何時から何時まで保育園に預けることができるか。(働き方や勤務時間によって個人で異なります)

 

保育園が管轄していること

  • 行事、取り組んでいる活動
  • 持ち物
  • ルール
  • 一日の流れ
  • 保育の方針
  • 保育料以外にかかる費用
  • 長期休暇について  などなど

 

自治体で管轄してることは主に上記3つで、それ以外については保育園に尋ねると間違いがないと思います。

 

また、どうしても保育園に入れないと困ってしまう時、保育園や自治体に相談することで融通してくれるケースも多々あります。

 

私は3人目の子供の出産後、自営業だったので育児休暇を取ることが出来ず、3人目が保育園に入れないと上の2人が保育園を退園しないといけないかもしれないという事態に遭遇しました。長男が年中、長女が1歳児の時でした。

 

しかも3人目の生まれたタイミングがとっても悪く、1月19日が出産予定日でした。

 

12月末以前に生まれれば1次の審査に申し込みが間に合うのですが、1月が出産予定でしかも月末の方。保育園に入れる可能性はかなり低いです。

園長先生に相談して、そのあと市役所にも相談に行きました。市役所では

「1月9日までにもし生まれたら、特別に1次審査に間に合うようにするので直接電話をください」

といわれました。

「もしそれ以降になると2次審査になるので、1次選考の後に保育園に空きがあれば入園することが出来ます。2次の選考を進めるのにも出生の確認が必要なので、1月9日以降でも生まれたらすぐに電話をしてください」

とのことでした。

 

結局3番目が生まれたのは1月22日で予定日よりも遅く、2次の選考になってしまったのですが、園長先生が市の職員の人に我が家の状況をよく話して相談してくださっていたので、4月から3人目を入園させることが出来ました。

 

 

他にも、旦那さんの友達は保育園に入れない通知が来て、市役所に「保育園に入れないと仕事ができなくなる」と言いに行ったそうです。何度か市役所に訴えに行った後、保育園入園決定通知が家に届いたそう。

書類だけだと伝わらない状況はあるので、どうしても困っているのでしたら何度でも自治体へ問い合わせることで本気や緊迫感が伝わり、融通してもらえるかもしれません。





途中入園の入園式

初めての入園が途中入園だったもので、保育園に入園式があると知らなかった私ですが、その後認可保育園に申し込み、4月から認可の保育園に入園できることになりました。

 

4月入園の場合入園式があり、認可保育園の入園式に出席しました。(保育園の入園式。どんな服装が好印象?式の内容とママ友の作り方参照)

 

途中入園した場合、翌年の入園式に参観するかどうかは園によって異なるそうです。

入園式の服装や雰囲気、プログラムの内容も保育園によりおおきく異なるので疑問に思うことは直接保育園に尋ねるか、同じ園に通う保護者に尋ねると確かな情報を得ることが出来ます。

 

まとめ

いろいろと謎が多い保育園の途中入園。3人の子供の保活をしてきて思うことは、情報を得る努力をすることがとても大事だということです。

 

自分にとって必要な情報をもっているかどうかで保活がスムーズに進むかどうかが変わります。自治体に行きいろいろ質問するのも大切ですが、私は市役所の説明では不十分で謎が深まるばかりでした。

保育園にすでに通っている知人やホームページの情報など、情報が得られそうなところでは注意して調べてみること。特に同じ地域に住んでいる先輩ママたちがもっている情報はとても役に立ちます。

また、自分が動き出すことで新たな情報を得たり、問題解決の糸口を見つけることができたりします。みなさんの保活がどうかうまくいきますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました