正社員からパートに転職したい。保育園には預けられる?勤務時間は何時間必要?

保育園に子供を預けるワーママ

働くママにとって、大切な子供を預けられる保育園の確保というのは最重要事項ですよね。
地域によっては待機児童も多く、なかなか保育園が決まらないという場合もあります。
やっと保育園の入園を決め安心して働ける!という中でも、育児、家庭、仕事を取り巻く状況の中でママが「転職」を考えるということもありますよね。
最近では働くママが家庭と仕事を両立できるような支援を積極的に行っている企業なんかも増えましたが、それでもうまく制度を使えなかったり、育児と仕事に悩んで転職を考えるママも少なくはありません。

「正社員からパート勤務に転職したい。」
息子の園で仲良くさせてもらっているママも考えているようで色々話を聞き、
同じように不安を抱えるママは多いのではないかな?と感じました。

パートとは、フルタイムで働く正社員より、1日あたりの労働時間と、1週間あたりの勤務日数が少ない働き方のことです。

正社員からパートへの転職。となると、やはり不安になるのが、
例えば正社員で入園していたのに、パートに転職したら保育園に通い続けることは可能なのか?ということですよね。

今回は、そんな正社員からパートへの転職を考えるママに向けて、転職の際にどのような点に気をつけたほうが良いか。
様々な点からお伝えしたいと思います。





子供を保育園に預ける中で、正社員からパートへの転職することで得られるメリットとは?

自転車で保育園へ送迎

・精神的負担が軽くなった
正社員に比べて、職場内での責任など精神的な負担が軽くなったと話すママが多かったです。
パートに責任がないわけでは当然ありませんが、正社員だと役職についたり、そういった責任を負う部分が大きいので、そういったことから解放され、気持ちが楽になったと話すママも多いです。

・時間の余裕が生まれた
就労時間が選択できるようになり、都合や事情に合わせて時間を決められることで、時間の余裕が生まれたという声が多いです。
フルタイム勤務を選択されているママも、正社員時代には当たり前に合った残業から解放され定時で上がれるようになるのは大きなメリットですよね。
ただでさえ、帰宅後は家事育児に追われるもの。
少し早く帰れるだけでも全然その負担は違います。

・子供を優先できるようになった
子供の突然の体調不良や怪我などにも、正社員の頃に比べると仕事を抜けたり休みやすくなり、子供のそばに居られるようになった。というママの声も多いです。
他にも、パートの時間をうまく調整できるので、子供の習い事の付き添いや、行事ごとへの参加など子供を優先しやすくなりますね。
本当にそばに居てあげたい時に、都合がつけやすいのは大きなメリットだと思います。

・副業が可能な場合が多い
正社員の時には会社の規定で副業が禁止のところが多いので、仕事を掛け持ちするということは難しいですが、パートでは「掛け持ちOK」のところがほとんどなので、パートで勤めに出るのとは別に、在宅で仕事を掛け持ちしているというママも多かったです。
確かにパートだと収入は下がるのですが、時間の融通をつけながら上手に掛け持ちをしてやりくりするという方法もあります。

「メリット」という点では、やはり仕事の精神的な負担が軽減されたということ、そして時間的な都合がつくようになったという声がほとんどでした。
そのことで気持ちのゆとりもできて、子供との時間を楽しめるようになったというママも多いようです。
そして、「働き方」を選択できる。ということもメリットの一つとのことでした。
自分で時間の都合をつけられる。これってすごく大きなことですよね。





子供を保育園に預ける中で、正社員からパートに転職することで感じるデメリットとは?

奥さんが転職しパートになることに頭を抱えるお父さん

・収入が下がる
やはりこれが一番大きなデメリットではないでしょうか?
やはり正社員に比べると収入は少なくなってしまいます。
職種によって違いはありますが、一例としてこのような収入の目安が発表されていました。

平均年収として、
パートのママの年収は、120万円ほど
正社員ママの年収は、400万円前後

この差、結構大きいですよね。
パートママは扶養控除内で勤務時間を決める方も多いので、年収の平均がぐっと下がる傾向があるように感じます。

その中で保育料の支払い、家計、貯蓄など頭を抱えるママも少なくないです。


・再び正社員になることは難しい場合も

職種や資格の有無にもよりますが、正社員に簡単に戻ることは難しいです。
いずれ正社員でまた働きたいと考える場合は、先々に必要なことを慎重に考えて選んでおく必要もあると思います。
例えば必要な資格を取っておく、正社員への登用もあるパート先を選ぶなど、先々を見据えて転職先選びや準備をしておくのは良いと思います。


・キャリアを積んでいきたい人には不向き

パートでは出世ということはないので、キャリアをしっかり積んでいきたいと考える人にはやはり不向きです。
そして、やはり職場内での立場としても責任を負う正社員に比べ弱いところがあります。
働きに対し、評価がされにくい立場ではあります。


・老後の資金の不安

退職金がないこと、収入が少ない分、老後に受け取れる年金が少ないということはデメリットの1つです。
やはりパートで働く場合には、そういった老後の資金については早めに考えておくことをお勧めします。




パートに転職した場合、保育園は退園になるの?

保育園の先生と戯れる子供

転職した場合、パートで勤務時間が短くなった場合、退園になるのでは?
不安になってしまいますよね。

調べてみると、退園にはならないようです。
自治体によって、最低、週何日以上、1日何時間以上働く。という決まりなどもあるので、その中であれば退園にはならないようです。

自治体にもよるので、一度お住いの自治体の相談窓口に確認しておく方がいいかもしれません。

ちなみにうちは激戦区というわけではありませんが、やはり待機児童は多い地域。
園のママ友はパート勤務に変更しましたが、現在も退園にはならず通っています。

注意点としては、入園時と働き方に変更があった場合は、速やかに自治体への必要書類の申請は忘れないようにしましょう。
就労時間や、収入が大きく変わる場合、保育園に預けられる時間や保育料が変わる場合もあるので、ご注意ください。




保育園ママ、パートに転職、実際どうだった?

正社員からパートへ転職したママたちの会話

保育園に子供を預けて、パートへの転職をしたママ達の実際の声を聞いてみました。

・出張や夜勤が無くなったので、身体的に楽になった。
・残業がないので、早くお迎えに行けるようになった。
・正社員の頃と比べ、気持ちに少し余裕を持って子供と過ごす時間が増えたからなのか、子供も以前より落ち着いて穏やかに保育園でも過ごせていると先生に言ってもらえた。
・体力、家事育児、仕事のバランスがやっと取れるようになった。
・家族の時間(特に子供と過ごす時間)を楽しめるようになった。
・収入は下がったが、家族で以前より協力してなんとかなっている。

など、転職に不安を抱えていたママ達も、実際転職してみてパート勤務になってどうだったか聞いてみると、ほとんどのママは「よかった」とメリットを感じているようでした。




保育園ママがパートに転職するなら、どんな職種がオススメ?

スマホで仕事探しをしているママ

子供を保育園に預け、正社員からパートに転職をしたいママ。
一体どのような職種を選べば良いのでしょう?

そんなママにオススメの職種をいくつかご紹介します。

・事務系の仕事
会社で書類作成やデータ入力などの業務を主に行います。
職場によっては電話対応、来客対応、備品管理など庶務的な仕事を担当する場合もあります。

一般事務職は未経験者可のところも多いですが、専門知識が求められる事務職(医療関係、金融関係、貿易関係など)では資格の保持や経験者優遇の場合があります。
パソコンのスキルがあるとやはり採用されやすいです。

「働くママの声」
・自分のペースで仕事が出来る
・子供の病気など、融通が効きやすい
・時短勤務が可能な会社も多い
・残業が少ない


・軽作業系の仕事

工場などで商品を仕分け、箱詰め、包装を行ったり、
イベントの設営や運搬などの軽作業を行います。

資格は不要で、覚えやすい仕事も多いため未経験者にも安心な仕事です。
中には体力の必要な仕事もありますが、仕事内容を選んで応募できるので、体力的なことなどもよく考えて応募すれば大丈夫です。

「働くママの声」
・働いている人が多いので、子供の病気などでも休みやすい
・仕事は比較的すぐに覚えやすいものばかり
・短時間勤務が可能なので楽
・働く時間の融通がつきやすい
・黙々と単純作業が多いので、仕事を覚えてしまえば簡単


・スーパーなど小売業のレジスタッフ

スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどレジスタッフの募集は比較的多く、自宅から近い場所でも探しやすいのがオススメポイントです。

コンビニなど、職場によっては、レジだけではなく品出しや発注などの仕事もしなければならないところもあります。
覚えることは多いかもしれませんが、覚えてしまえばそれほど難しい仕事ではありません。

「働くママの声」
・パート上がりに買い物も済ませていけるので嬉しい
・主婦の事情への理解がある
・シフトの融通がつきやすい
・主婦のスタッフが多いため働きやすい
・シフト制なので残業がほとんどない





・コールセンター
お客様からの問い合わせに答えたり、営業やアポ電話をかけるのがお仕事です。
未経験者でも採用されやすく、比較的高時給なところも多いです。

クレーム処理や営業のノルマなどの電話は精神的にしんどいこともあるかもしれませんが、コールセンターで実際働く友人に聞くと、だんだん割り切れてくるとも話していました。

「働くママの声」
・服装や髪型も自由なので楽
・シフトの融通がかなりきく
・パソコンやスマホに詳しいなど、得意な分野を活かせる職場だと、時給も高め

・飲食店の仕事
ファミレスやファーストフード、喫茶店などの仕事。
ホールだけでなく、キッチンなど部門ごとの募集があります。
ランチタイムのみの勤務など、短時間勤務を考えるママにもオススメです。

チェーン店だと、新人教育や労働条件もしっかりしていることが多いです。

「働くママの声」

・シフトの融通がきく
・賄いがついていて助かる
・相談して勤務時間や勤務日も増やすことができる
・キッチンでは家事経験を活かせる

・受付の仕事
病院などの受付の仕事はママにも人気のようです。
患者さんの受付や案内、会計などを行うのが仕事です。
他にも、スポーツジム、カルチャーセンターなどの受付の仕事もあります。
利用者の受付だけでなく、見学者の案内なども仕事になります。

病院では診療時間が午前、午後と分かれているので午前だけ働くというようなことも可能です。
基本的に、どの受付もデスクワークが中心です。

「働くママの声」
・時間がきっちりしているので助かる
・病気のことや応急処置など、仕事が育児にも役立つ
・体力的にもきつくなく、仕事の流れを覚えればすごく楽





自治体によって保育園の入園(在園)の条件は様々なので、まず確認していただいた上になりますが、やはり就労時間の長さということがポイントになってくると思います。

パートで働くママの中には、短時間勤務のパートを2つ掛け持ちして働いているママも少なくないそうです。

ママたちのパートを探す際に大切にしたポイントも併せて調べてみました。
・距離
パートの場合、交通費の支給がないところも多いです。
子供の送迎のこともあるので、保育園から近いところや、自宅から近いところ。
というのは、大切なポイントの1つです。
近いと、何かあった時にもすぐ駆けつけられます。

・時給
働く上でお給料のことはやはり大切なポイントです。
時給が高いということは、それだけ責任や難しい仕事、高度な仕事であったりしますし、競争率も上がります。
希望する仕事や、体力面など考慮しながらその中で時給が少しでも良いといいですよね。

・シフトの融通
特に保育園に通う小さなお子さんがいると、ここは結構重要なポイントです。
体調不良や怪我など、何が起こるかわかりません。
そういったママの事情に理解のある職場。ということは、仕事を探す上でポイントになりますね。

・扶養内かどうか
家族構成やパパの年収、パート先の企業規模により基準は変わってきますが、
一定の年収を超えると住民税や所得税、社会保険の支払いが発生します。
パパの扶養手当も支給されなくなってしまうので、パートでの働き方はある程度考えて選ぶ必要があります。





保育園ママがパートに転職する場合、勤務時間は何時間必要?

勤務の時間を示す時計

認可保育園は、「子供の保育が必要」だと認定されなければ利用できません。
就労に関して、正社員なのか、パートなのか、派遣社員なのか?ということは特には問われないので、もちろんパート勤務でも預けることは可能です。

しかし、ここで確認しなければならないのが、
週何日勤務しているのか?
1日何時間働いているのか?ということです。
その最低基準を満たしていなければ保育園に子供を預けることは難しいです。

お住いの地域によって入園の倍率などは違います。
入園希望のお子さんが多く、定員オーバーになった場合、入園の選考は自治体が行います。
地域により規定は違うのですが、利用基準指数は家族の情報から選考されます。
その中に両親の就労時間の項目もあるため、やはりフルタイム勤務の両親の方が入りやすいとされています。
週40時間以上のフルタイム勤務をしている場合、点数は最も高くなるのです。
他にも、居宅内労働より、居宅外労働の方が点数が高いなど様々な選考基準があります。

他にも、保育には
1日最長8時間利用できる「保育短時間」と、
1日最長11時間利用できる「保育標準時間」というものがあります。
それらは勤務時間によってどちらに認定されるか決まるので、まずは自治体や保育園に問い合わせをした上で、
どちらの時間形態で預けたいのかを考え、転職の際パート先選びの参考にされると良いのではないでしょうか?

ちなみに、この保育時間の2区分化は、2015年に「子ども・子育て支援新制度」で「フルタイム就労」と「パートタイム就労」を想定して作られました。
1ヶ月の就労時間が120時間以上の場合は「保育標準時間」に、120時間未満の場合は「保育短時間」となります。

自治体によっては、就労時間は120時間未満で「保育短時間」の対象に当たっていても、通勤時間や勤務時間帯によっては「保育標準時間」の認定が受けられるケースなどもあります。

転職の場合、保育時間は申請をし、受理されれば変更ができます。




まとめ

いかがでしたか?

今回は、保育園ママが正社員からパートへの転職をする場合の様々な事柄についてお伝えしました。

転職をしても続いて保育園に通わせることができるのだろうか?
パートへ転職するメリットやデメリットはどのようなことだろう?
環境や状況が変われば、働き方は変わります。
そんな中で、悩み、迷うママの参考になればとても嬉しいです。

長文になりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク