保育園無償化は本当に決定したのか。未満児と認可外保育所、多子減税はどうなる!?

10月から無償化する保育園で遊ぶ子供
10月に消費税も上がり、いよいよ幼児教育の無償化も目前に迫る中、

「本当に保育園は無料になるの?」

「え、あれって本当なの?」

といった声もちらほら聞こえる今日この頃。

そんな気持ちも分からなくない、だって今まで当たり前のように、必死で働いたお金のほとんどが保育料に消える…。という生活をしてきたのですから。

10月1日から本当に保育料はタダになるの!?




全ての保育施設が無償化するの?認可外の保育園や幼稚園の預かり保育はどうなる?

認可外の保育園で遊ぶ子供

ただ単に無償化すると言ってもどこからどこまでがタダになるのか、
子供を預ける身としてはとても気になる所。

国で決まった政策の内容

①認可保育園、幼稚園、認定こども園等、自治体から認可されている保育施設へ通う3、4、5歳児の保育料が無料になる

※幼稚園でいうと年少、年中、年長さん。学年なので年齢が6歳になっても在園中は無償化が適用されます。

②認可保育施設に通う非課税世帯の0〜2歳児は保育料が無料になる

③認可外の保育施設に通う、保育の必要性の認定を受けた3歳から5歳児は月3万7千円(全国平均保育料)を上限に補助が受けられる

④認可外の保育施設に通う、保育の必要性の認定を受けた非課税世帯の0〜2歳児は月4万2千円を上限に補助が受けられる

※認可外保育施設の他にも一時預かり保育、病児保育事業やファミリーサポートセンター事業も対象になります

※上限額の範囲内において複数サービス利用も可能になります。

⑤幼稚園の預かり保育に関しては、保育の必要性の認定を受けた場合、幼稚園に加え利用実態に応じて月額1万1300円までの範囲で補助が受けられる

※保育の必要性の認定は2号認定、または2号認定と同等の認定
(2号認定に関してはこちら保育認定1号、2号、3号とは?認定基準の違いと切り替え時期の記事に書いてあります)

上限のない無償化は認可の保育施設に限定はされてしまいますが、認可外の保育施設の利用や一時預かり、病児保育、ファミリーサポートなど、複数の施設を利用した時にも上限内であれば保育料の補助があるというのはとても嬉しいですね。

今までは

「認可保育園に入れないといけない!」

というようなプレッシャーがありましたが、保育施設の利用方法が今後は多様化し、お母さんそれぞれのライフスタイルに合わせて複数の保育施設を併用する方も増えていきそうです。

一時期少し話題となっていた、幼児教育無償化の所得制限(所得の高いひとは無償化が適用されないとした制限)は無くなったようで、
0ー2歳児に関しては所得により無償化になりますが、(所得の少ない家庭が無償化)
全面無償化がうたわれている3〜5歳児に関しては、所得が高い家庭でも無償化されます。




多子減税はどうなる?

保育園へ行ったら多子減税はあるの?3人の兄弟

こどもが3人いる私としては、今まであった多子減税、2人目半額3人目無料という制度はかなり家計を助けてくれていました。

その制度が10月以降にどうなってしまうのか、2人以上のお子さんがいる方は気になるのではないでしょうか。

今まで無償化した後の多子減税について調べても、ハッキリとこうなります!という記事は見つかりませんでした。

なので、市の保育課に電話で問い合わせてみると…

私 「10月以降は、多子減税はどうなりますか?」

保育課 「10月以降も変わらず、2人目は半額、3人目は無料ですよ」

とのことでした。

3歳児より上はもともと10月から保育料無料ですから、0〜2歳児に、2人目、もしくは3人目のお子さんがいる方は多子減税がなくなり保育料が倍になる!!

ということは無いそうなので一安心ですね。

これからお子さんが増えるかもしれないご家庭も、安心してくださいね。




東京都の施策では未満児も無料!?

東京都以外では無償化しない0〜2歳の子供
保育園の激戦区でもあり、激戦区であるがゆえ認可外の保育施設も多い東京都は平均の保育料も全国平均よりも高いです。

そんな東京都が独自で出した施策が、今まで行ってきた多子減税を少し変化させたもの。

●認可保育施設

●認定こども園

●公私立幼稚園(一部除く)

に通う0-2歳の第二子半額、第三子無料というもの。

しかも第1子の年齢に関係なく第二子以降は補助があるというのですから、歳の離れた兄弟がいる家庭は万々歳です!(今までの多子減税は第一子の年齢によっては減税されませんでした)

また認可外保育園や私立幼稚園、ベビーシッターなどの認可されていない保育施設に関しては、国が決めた基準(4.2万円)よりも上の上限金額を設けて利用料の補助を行なっていくそうです。

東京都で子どもを預けて働いているお母さんにとっては嬉しい政策ですね!

家事に育児にお仕事に、自分をすり減らして働いて、やっと稼いだ微々たるお金が保育料となって消えていき、ますます仕事をしないといけないという負のループ。。

育児も、家事も、仕事も全部に追われ追い詰められた生活を私もかつてしていたので、

金銭的なゆとりが、少しでもお母さん達の心のゆとりになったらいいなと願います。




無償化する保育料はどこからどこまで

保育料の無償化はどこからどこまで

「幼児教育が全面的に無償化される」と聞いて、

「保育料が全然かからなくなる!嬉しい!!」と思ってしまいがちですが、

すでに保育園や認可の幼稚園にお子さんを預けられている方ならわかると思いますが、月々自治体にお支払いしている保育料の他にも、
主食費や習い事、お道具代、制服、備品の購入などなど、幼児教育にはちょこまかとした出費が結構あります。

今回の無償化政策で国が負担してくれるのはあくまで、認可保育施設入所が決まると家に届く、世帯収入に応じて算出された保育料 の部分です。

なので今まで保育園や幼稚園に直接お支払いをしていた金額は、10月以降も園に支払うことになります。

とうとう来た!保育園からの正式なお知らせ。無償化はやっぱり本当だった

とうとう来た、保育園からの無償化に関する正式なお知らせ

東京都で独自の政策があったように、国で決定した幼児教育無償化政策を元に各々の地域、自治体でもその土地に合うように制度は少しずつ異なる事もあると思います。

なので、国全体の制度を調べることはできますが、「一体うちの子の保育料はどうなるのよ」と言った具体的なところは実際に通っている保育園や幼稚園がある自治体に尋ねた方が細かい正確な情報を得ることができます。

そんな中、私の住む地域の10月からの保育料に関するお知らせを昨日もらいました!

ちょうどこの記事を書き始めたところだったので何とタイムリーな…

お知らせの内容としてはこの記事で書かれている事とほぼ同じ内容だったのですが、特に具体的に書かれていたのは給食費について。

0から2歳児はこれまでと変わらないそうなのですが、3〜5歳児は給食費の支払い方が10月から変わります。

うちの自治体(保育園)では今まで、
主食費は保育園に直接お支払い、副食費は市で請求する保育料に含まれていたのですが、

10月からは主食費、副食費共に保育園への支払いとなり無償化の対象にはならないそうです。




まとめ

幼児教育無償化について調べ始めた頃は、

「まだ一年もあるし先のことだ」と思っていたのですが、
もうあと2ヶ月。目前に迫っていますね。

全面的に無償化されるのは3年間という限られた期間ではありますが、働きながら子供を育てているママや、幼稚園ママにとっても負担を軽減する大きな違いとなるのではないでしょうか。

幼児教育にかかるお金の負担が減ると同時に、消費税10%への引き上げもあるのでお金のやりくりは賢くしていきたいですね。

私自身も今回の記事を書いていて、改めて収支の管理をしっかりしようと思いました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク