育休後に復帰をしたくない場合、退職はできる?転職は可能?

退職届を出すサラリーマン

育休後に仕事の退職を考え、あれこれ不安に思われているママも多いのではないでしょうか?
育休は「職場復帰すること」を前提にされている為、そもそも退職できるのだろうか?と悩んでしまいますよね。

我が家でも、先日義妹が赤ちゃんを連れて遊びに来てくれた時に、育休後の退職について相談を受けました。
仕事には復帰する予定で考えていたのですが、妹の場合は保育園に入れず復帰ができないという理由でした。

「育休手当(育児休業給付金)の返金を求められたりしないだろうか?」
「周囲から反感を買ってしまわないだろうか」
と悩んでいるようでした。

そのようなこともあり、育休後の退職や転職について調べていくと、様々な理由で退職を考えるママも少なくないようです。

そこで、今回は育休後に復帰せず、退職を考えているママに向けてお伝えしたいと思います。




育休後、復帰したくない。退職はできる??

育児休暇明けの復帰、退職について悩む母

「復帰せずに辞めることはできるだろうか?」
「育休手当をもらっているので、返金や何かペナルティを課されることはないだろうか?」
不安に思うママも多いと思います。

まず、結論から言うと、「退職はできます。」
法律の上では、育休手当の返金の必要もありません。
(会社によっては、就業規則に返金が記されている場合もあるので、念のために一度、確認してみてください。)

ママたちの、育休後に復帰せず退職を考える理由は様々なようです。

義妹のように、保育園が決まらない。と言う理由や、他にも、
・産後、心身の調子を崩してしまった。
・子供に病気や障害がある。
・主人の転勤など、引っ越しすることになった。
など、育休に入る前には想像できなかったやむを得ない理由による退職も多いようです。
これは仕方がないですよね。

しかし、他にも、
・もっと子供と過ごす時間を大切にしたい。
・復帰後、仕事と家事や育児の両立ができるのか不安がある。
・産後、働き方を変えたいと思った。
など、「やむを得ず」と言うまではいかないけど、個人的な理由で復帰したくないと考えるママも少なくないようです。

義妹は「育休を取るだけとって、それで辞めるなんて非常識ではないか?」とすごく悩んでいました。
そのように感じる方もおられるかもしれません。
特に育休中フォローしてくれていた同僚や上司のことを考えると尚更ですよね。

しかし、私の個人的な意見としては、「仕方ない」と思っています。
保育園が決まらず復帰できないことも、そして産後の体調であったり、両立の不安や働くことについての考えの変化など…
やむを得ない理由についても、個人的な理由についても、そう思うのです。
だって、出産する前に、出産した後の自分がどうなるかなんて分からないですもの。

職場の方々に迷惑をかけてしまうのは事実なので、誠心誠意伝えると言う気持ちは大切だと思いますが…




育休後、復帰したくない。そもそも育休取得の条件って?

育児休暇取得の条件とは?と考えるねこ

そもそも「育休」とは何でしょう?
育休とは、「育児・介護休業法」と言う法律において「育児休業」として定められた制度のことを指します。

「仕事は辞めないで育児をしたい」と考える労働者のための制度なので、育休申請をすれば取得条件を満たしている限り、会社はそれを拒否することはできないというものです。

では、育休を取得するための条件とは?
・原則として1歳に満たない子供を養育する男女労働者
・同一の事業主のもと、一年以上継続して雇用されている
・子供が1歳6ヶ月になる前日までに労働契約(更新される場合、更新後の契約が)の期間が満了することが明らかでない場合

とされています。

パートや派遣でのお仕事をされていたママでも、上記の条件を満たしていれば取得可能です。

育休の期間は、原則として1歳になるまでの間。
1歳の誕生日の時点で保育所などが決まっていない場合など理由があれば、1歳6ヶ月まで延長は可能とされています。

そして、最近ではパパも育休の取得される方も多くなってきたので、「パパ・ママ育休プラス」という制度もあり、両親が共に育休を取る場合は原則1歳までの育休を1歳2ヶ月まで取得できます。

さらに、2017年に法改正があり、1歳6ヶ月の時点で保育所に入所できないなど理由がある場合、2歳まで育休期間の延長が認められるようになりました。




育休後、復帰したくない。退職の時期は??

退職を考えた場合、やはりネックになってくるのは「経済的な問題」ですよね。
そういった金銭的な点から、退職時期で少しでも有利な時期をお伝えしたいと思います。

まず、手当金や給付金の面から、やはり育休後のタイミングでの退職の方が有利にはなります。
・出産手当金と産前産後の休業中の社会保険料は免除される
産前42日(多胎妊娠の場合は98日)と産後56日の産休中、会社から給与が出ない場合、健康保険から「出産手当金」が支給されます。
そして、産前産後休業中は、社会保険料の支払いは免除となります。
(会社の健康保険に加入していれば、派遣社員やパートでも出産手当金は対象となります)

・育児休業給付金と育休中の社会保険料は免除される
育休中は給付金が雇用保険から支給されます。
給付期間は、子供の1歳の誕生日の前々日までが原則ですが、保育園が決まらないなど理由のある場合は、最大1歳6ヶ月まで延長は可能です。
そして、育児休業中の社会保険料の支払いは免除となります。

なので、経済的な点で考えた時、育休後の退職の方が有利だということになります。
1つの考え方なので、退職の時期に迷われている場合は良かったら参考になさってください。




育休後、復帰したくない。退職した場合、再就職は難しい?

奥さんが仕事を辞めることに頭を抱えるお父さん

退職したいと考える理由は様々だと思いますが、例えばやむを得ない状況で退職せざるを得ないママの中には、社会復帰を強く望む方も多いのではないでしょうか?

今すぐには難しくても、もう少し落ち着いたら働きに出たいと考えるママも多いかもしれませんね。

しかし、実際退職後に再就職を考えるママ達に聞いてみると、「再就職が難しいと感じる」という声をよく聞きます。
その理由を聞いてみました。

・条件に見合う保育園がなかなか見つからない
この声が一番多く聞かれました。
保育園自体の不足、なかなか空きがないなどはニュースなどにもよく取り上げられ、社会問題となっていますね。
もちろんお住いの地域によって違いはあると思うのですが、やはり都心部などではお子さんの預け先が見つからないなど、大きな問題となっています。

やっと見つけた保育園も距離が遠かったり、希望する時間まで預かってもらえないなど、条件に見合う保育園が見つからず働けないという声をよく聞きます。

・子供の熱や怪我など、緊急事態での呼び出しがネックに
子供ってよく熱出しますよね。元気に遊んで怪我をするなんてことも少なくありません。
そういった子供の緊急事態に、身近に祖父母などすぐに駆けつけてくれる親戚がいれば良いのですが、私のように地元から遠く離れみてくれる親戚も近くに居ない共働きの家族も多いですよね。

子供のことで、急な早退や仕事を休まざるを得ないということを理解してくれる就職先を探すのは、小さなお子さんのいるママだとネックになっているようです。

こういった「再就職が難しいと感じる」という声が多く聞かれる一方で、中には再就職しているママもたくさん居ます。
そういったママの話を聞いてみると、共通していたのが「離職期間が短い」ということでした。
調べてみると、再就職で社会復帰ができたママの60%以上が産後2年以内に再就職しているそうです。

そう考えるとやはり「預け先の確保」は一番大きな課題となりますね。
保育園や託児所などの預け先の確保、緊急時のお迎えなど家族の協力は絶対に必要になってきます。
お話を聞いたママの中には、託児所が完備されている企業に再就職したという方も多くいました。

他にも、再就職を決めたママからよく聞かれたのが、正社員のみに絞って職を探さずに、「正社員登用制度」という方法でパートや契約社員から初めて正社員を目指すという形で再就職先を探したということでした。
特に離職してから期間が空いてしまったママで、パートなどからはじめ徐々に仕事に慣れていくという方法で正社員を目指している方が多くおられるようです。

私の周りでも、元々社会復帰への意識がとても強かったママも、育休後に退職し、しばらくして専門職だったこともあり希望の会社に再就職したのですが、実際正社員として働く中で残業の問題だったり、自分自身の子供と過ごす時間のことも考えて悩み、結局パートとして現在働いている友人がいます。

再就職が難しいという現実もありますが、そもそも、自分がどんな風に働きたいかということも産後、子供と過ごす中で変化しているママもいますよね。
(私も実際、随分仕事への想いが変化しました。)

「働きたい」という想いと、現実の様々な状況や問題の中で、全てが希望通り進むかは難しいところもあるかもしれません。
でも、そんな中で「どんな風に働きたいのか」「どうすればそれは叶うのか」もう一度、よく見つめ直してみると見えてくるものもあるかもしれませんね。

「子育て支援企業」を取り扱う転職サイトなどもありますので、そういったものを活用してみられるのも方法の一つかもしれません。




まとめ

いかがでしたか?

今回は、育休後に復帰をしたくないと考えるママに向けてお伝えしました。

女性にとって出産は大きな変化ですよね。
私自身、出産するまで仕事を辞めるということは考えたことがありませんでした。
仕事自体とても大切に思っていましたし、家計的にも「働かない」という選択肢は考えられませんでした。
しかし、産後、息子と過ごす時間の中で仕事に対しての想いなど大きな変化がありました。

産後、しばらくして復帰はしましたが、今現在様々な事情もあり退職しました。
現在は、近くに見てもらえる身内もいないので、以前のようにはバリバリ働けていない状態です。
だけど、実際は「これで良かった」とも感じられています。

今回、この記事のために様々なママの声を聞いて、「働きたいけど働けない」ママや、「働いていたけど、今は家族ともっと一緒に過ごしたい」というママの声を聞いて、そのどれもが正しいということ。
どのママも自分の人生と子供や家族のことを考え悩んだり、望んだりしているということ。
そして、女性の社会進出がこんなに当たり前になった世の中でも、まだまだ「思うように働けない」状況があるということがよく分かりました。

同じように悩むママの参考に少しでもなれば、とても嬉しいです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク