育児中のママの睡眠障害の悩み睡眠導入剤や睡眠薬を使っても良いの?

質の良い眠り 未分類

産後は赤ちゃんへの授乳や夜泣きなど、ママは睡眠不足になりがちですよね。
しかし、産後だけではなく家事、育児とママは忙しく、そのことに「休日」はありませんよね。

睡眠障害に悩むママも少なくないようです。
私自身も、産後すぐは授乳と夜泣きが酷くしばらくは寝不足が続き、フラフラでした。その後もしばらくは眠いのに眠れないなど、睡眠の悩みがしばらく続いていました。
そんな中、たまたま子供と通っていた児童館で同じような悩みを持つママに向けてのお話し会に参加する機会があり、同じように「睡眠」について悩む多くのママや専門家の先生のお話を伺うことがありました。

今回はそんな、「睡眠障害」について悩むママに少しでもお力になれると嬉しいと思い、記事を書くことにします。

 

 





 

 

育児中のママの睡眠時間は??

一体、育児中のママの睡眠時間ってどれくらいなんでしょう?

もちろんお子さんの年齢や、家庭の状況によって様々ですがアンケートでは一番多かったのは「4時間から6時間」だそうです。
しかし、この中には部活をしているような大きなお子さんを持つママも含まれていたので、未就園児の小さなお子さんを抱えるママを対象にすると、もっと少なく3時間以内というママも。

私が実際お会いした睡眠不足に悩むママは、年子のお子さんが居て、それぞれの授乳、夜泣きでまとまった睡眠が全然取れないと悩んでおられました。
他にも、子供の体調不良なんかが重なったりして数日全く眠る時間がないというママもいらっしゃいました。

一般的に理想とされる睡眠時間が7時間から8時間と言われるので、育児中の多くのママは睡眠不足かもしれませんね。

 

 

 





 

 

育児中の睡眠障害の原因は?

ストレスがたくさんすぎて眠れないお母さん

まず「睡眠障害」とはどういったことを指すのでしょう。

睡眠障害とは、睡眠に何らかの問題がある状態を指すそうです。
まず思い浮かぶのは「不眠症」ですが、それだけではなく、日中に強い眠気を感じる「過眠症」や睡眠中に起こる病的な行動や、睡眠リズムが乱れたまま戻せないなど様々な症状を指します。

では、育児中の睡眠障害を起こす原因にはどのようなものがあるのでしょう?

育児中は子供のペースに振り回されることが多く、そんな中で睡眠時間がうまく取れないということがよくあります。
私も実際そうだったのですが、身体はすごく疲れているのに寝付けない。というようなことが続きました。
他にも、夜泣きで睡眠が妨げられ眠るタイミングがつかめなくなり睡眠障害に陥るママも多いようです。

他にも多くのママの声にあがっていのが、育児のイライラや不安、ママ友との付き合いの悩みなど、様々な過度なストレスも睡眠障害の原因になるということでした。

 

 





 

 

育児中の睡眠不足の影響は?

寝不足でヒステリックになるお母さん

お子さんがまだまだ小さければ睡眠不足も仕方ない。と思いがちですが、やはり細切れでも時間関係なく睡眠は少しでも取れる時に取った方が良いです。
というのも、睡眠不足の影響って侮れないんです。

・精神状態が不安定に
睡眠不足が引き起こす症状には記憶力の低下や集中力の低下、思考力の低下などがよく挙げられます。
脳が睡眠不足で十分に休息が取れないためです。
思考力や判断力が低下し、子供との生活の中でトラブルを起こすこともありますし、少しのことでイライラしたり、不安になったり精神面に大きく影響が現れます。
情緒不安定などが産後鬱に繋がる可能性もあると聞きました。

・免疫力の低下
免疫細胞は睡眠中に活動が促進されるそうです。
疲労回復や免疫の機能を強くするホルモンの分泌も睡眠中に起こります。
ですので、睡眠不足が続くと免疫力は落ち細菌感染しやすくなってしまいます。

・体調不良
脳の血流が悪くなったり、低血糖や自律神経の乱れが起こりやすくなり、頭痛やふらつき、吐き気、めまいなどの症状を引き起こすこともあるとされています。

・異常な眠気、過食
日中に耐えられないほどの強い眠気に襲われる、食欲が抑えられず過食気味になってしまうということもよくあるようです。

・母乳の出にも影響
母乳は寝ている間に多く作られるため、母乳の出が悪くなったママもいました。
他に、寝不足で代謝が落ちて冷え性になったママもいて、それも母乳の出に影響しているのではないか?ということでした。

 

 





 

 

育児中の睡眠不足に、睡眠薬や睡眠導入剤を使っても良い?

睡眠薬を飲むお母さん

まず「睡眠薬」とは、不眠症などの治療のためにお医者さんが処方してくれる薬を指すそうです。そして、「睡眠導入剤」は「睡眠薬」のうちの一部の薬を指し、催眠効果が早く現れたり、薬の血中濃度を早く低下させる睡眠薬を指し、これらは寝つきの悪い人によく処方されるそうです。
(ちなみに、お医者さんの処方なしに購入できる睡眠薬は「睡眠改善薬」というそうです)

まず、授乳中のママは睡眠薬を使用するのは避けてください
母乳を通じて成分がお子さんに移行してしまい、有害作用を及ぼす危険性があります。
薬の取り扱いのところにも書かれていますのでご注意ください。
妊娠中のママも同じです。お腹の赤ちゃんに先天性異常の発生の疑いの報告があるようです。

あとは、ママの不眠の状態や、相談されるお医者さんによっても判断は様々なようです。
私がお話を伺った専門家の先生は、基本的にはこまめに睡眠を確保するための生活環境を整えるなど、基本的には投薬についてはしない方が良い。という考えでした。

しかし、受診すべき症状で、適切な治療を受けることで改善すると考えられる不眠もあるそうです。
・何をしても眠ることができない
・精神的に限界を感じている
・疲労感で動くことができない
こういった症状の場合は受診を勧めるということでした。
しかし、睡眠薬の投薬治療のみで改善するというよりは、精神的なものが原因と考えられる場合が多いそうなので、カウンセリングを中心とした治療が主なようです。
その上で並行し睡眠薬の投薬治療を行う。ということもあるとのことでした。

お医者さんの考えにもよりますが、「基本的には睡眠薬を飲むことは避けるべきでしょう」というのが私の調べた限りでは多い意見でした。
どうしても必要な場合は、薬の種類によっては授乳中でも飲めるものも存在はするようですし、漢方薬などもあるので、漢方薬局などで相談するのも方法の一つかもしれません。

 

 





 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

思うように眠れないこと、本当に辛いですよね。
私は不眠に悩んでいた時、イライラしてしまったり、つまらない失敗を繰り返したり自己嫌悪の毎日でした。

その時、同じような悩みを持つママや専門家の先生のお話の中で、
・パパや家族に甘えて、一人で子育てしない
・上手に完璧に出来なくて、そもそも当然
・いつ寝てもいいから、家事なんてほって子供と一緒に寝ちゃう
・お日様を子供と一緒にたくさん浴びる
こんなことを教えてもらいました。
そして、自分自身が「うまく甘えられない」「完璧を求めている」ことに気づいたのです。
私の不眠は軽い症状だったのもしれません。
だけど、先生のおっしゃっていた「頑張り屋さんで、ちゃんとしなきゃって一生懸命なママほど、眠れないんだよね」って言葉にハッとしたんです。

今、悩んでいるママはきっと、頑張り屋さんの素敵なママだと思います。
「この悩みもきっと今だけだから」と頑張りすぎず、症状が酷くならないうちに、少しでも心と身体が休めるといいなと心から思います。

少しでも、悩んでおられるママに届くと嬉しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました