2歳の子供がご飯を食ベないのはなぜ?その対処法は?

ご飯をよく食べる女の子 育児の話

子供が食事をきちんと食べてくれないと、「栄養が偏ってしまうのでは?」など心配にもなりますし、せっかく作ったご飯を食べないのは、お母さんもイライラしてしまいますよね。

息子もこれまでそんなに食事で気になることはなかったのに、2歳を過ぎて急に食事中に遊び出したりしてイライラしてしまうことがありました。

2歳くらいで、それまで順調に進んでいた食事が食べなくなったり、遊びだしたり、そういった悩みをもつお母さんは多いようです。

今回は、いくつかのケースとその対処法などをお伝えしたいと思います。

Mi+

子供が野菜が嫌いで全然食べない。どうすればいいの?

子どもが嫌いな野菜たち

まず食事の悩みで一番多いのが「好き嫌い」の問題です。
中でも「野菜嫌い」のお子さんに悩まれているお母さんは多いようです。

どうして「野菜嫌い」の子供が多いのでしょう?

・まだ味覚が未発達なため、慣れない味に対し本能的に危険だと避けたがる
「甘味」「旨味」「塩味」「酸味」「苦味」など様々な味覚がありますが、まだまだ食の経験の浅い子供は本能的に「酸味」(腐敗物や未熟なものを知らせる役割)や「苦味」(毒の存在を知らせる役割)を危険だと避ける傾向があるそうです。
「甘味」はエネルギー、「旨味」はタンパク質、「塩味」はミネラルを知らせるという役割があるので、生きていくために必要だと判断し本能的に好まれやすい傾向があるようです。

・初めての物、よく分からないもの、いつもと違うものは本能的に怖いと感じやすい
成長と共に、この感覚は減少していくそうですが、初めての味や、舌触り、見た目、匂い、そういった未知のものは本能的に警戒してしまうそうです。

 

ついつい野菜もしっかり食べて欲しい、好き嫌いしないでほしいと肩に力が入ってしまい、無理に口に入れたり、怒って食べさせてしまったりしがちですが、これは逆効果です。

成長と共に、味覚も変化していきますし、経験の中で様々なものを怖がらず口にすることができていきます。
それよりも「野菜を食べることに対しトラウマ」を持ってしまうことの方が危険です。

では、どうすれば良いでしょう?
オススメの方法をいくつかご紹介しますね。

・美味しいと子供が感じる野菜からまずは食べさせる
子供は「甘味」を美味しいと感じやすい傾向があるので、かぼちゃやとうもろこしなどの甘味のある野菜から始められてはいかがでしょう?

・栄養バランスを全体で考える
野菜だけで栄養を取らせようとしないで、全体の食事で栄養素のバランスを取るようにします。その上である程度の好き嫌いは仕方ないと割り切る方がお母さんの気持ちも楽かもしれませんね。

・野菜の切り方に工夫を
食べにくい、繊維が残る、パサパサするなど意外とそういったことで嫌がる子供も多いです。
小さく刻んだり、繊維を断って切ったり、あとは見た目が楽しくなるように型抜きを使ってみたり、そういう工夫も良いのではないでしょうか。

・料理を一緒に作る(手伝いをさせる)
できたものを食卓に出されても、子供もそれが何なのかよく分からないですよね。
でも、野菜を洗ったり、ちぎったり、触れながら参加することで印象も随分変わるのではないでしょうか?
息子は2歳を過ぎて「なんでもやってみたい期」で、台所に興味津々でした。
そこでできることは一緒にするようにしてみたところ、「これ僕が皮剥いたもんね」なんて嬉しそうに食べるようになりました。

 





 

子供が食事中に食べずに遊んでしまう。対処法は?

ご飯よりも遊びたい子どもたち

2歳を過ぎ、それまでは食事は夢中で食べていた息子が、気になるものを見つけては散漫になり、ダラダラ遊び食べをするようになりました。
「ほら、ちゃんと食べなさい」なんて言っても声が届いているのか、いないのか。そんな姿にこちらもイライラ。

食事中に遊んでしまう子供、そしてこの時期にも多いと言われる食事中の立ち歩き。どのように対処すれば良いのでしょう?
実際試してみて効果のあったもの、オススメしてもらった方法をお伝えします。

・食事時間をきちんと決める
これは我が家ではとても効果がありました。
ダラダラ食事時間がどんどん長くなっていたのですが、食事は30分までと決めて、あまりにも遊び始めたらもうお皿を下げるようにしました。
食事の時間にメリハリをつけるようにすると遊び食べが無くなっていきました。

・食事の周りを整え、お母さんも立たなくていいように用事を済ませ席につく
これは、園の先生に教えていただきました。
子供の目に入るおもちゃや気になるものは食事の前に片付けておくこと。そして、お母さんが用事で食事中うろうろすると、子供の集中力も切れてしまうので、座って落ち着いて食事を取れる環境をまず整えることです。

・お母さんも一緒に食事をする
汚したものを拭いたり片付けたり、お世話に忙しくお母さんは落ち着かないかもしれませんが、一緒に食べ、子供にとってお手本を見せることも大切です。

・食事中、周りでスマホやパソコンを触らない
これも意外としてしまっているお母さん、多いかもしれませんね。
子供は本当によくみているので、その姿をお手本にしてしまうものです。
それに、スマホやパソコンの画面はとても気になるものなので、やはり食事に集中できなくなってしまいます。

・立ったら食事はおしまい
これも先生に教えていただきました。
席を立ったら食事はおしまい。と声をかけて片付けてしまうそうです。
どんなにたくさん残っていてもそうするようにすると、「食事中に立ってはいけない」ときちんと理解するようになります。
最初の間はあまりに残っていると、「足りるかしら?」と心配になるかもしれませんが、栄養は一日全体で見て、足りない時はおやつなどでどう補うか工夫されると安心だと思います。

Mi+

子供がお菓子ばかりで食事をきちんと食べない。どうしたら良い?

ご飯を美味しそうに食べる赤ちゃん

しっかりと色々なものを食べて欲しいのに、お菓子ばかり欲しがるとお悩みのお母さんも多いようです。
栄養が偏らないか?心配になってしまいますよね。

どうすれば良いのでしょう?
いくつかお伝えします。

・おやつの時間や回数をきちんと決めておく
例えば、1日2回で10時頃、15時頃などと時間をきちんと決めておくと、それ以外の時間には食べられないことを子供は学びます。
だらだら欲しがるままに与えてしまうと、おやつはいつでも食べられると思ってしまいますよね。

・おやつをお菓子と決めてしまわない
2歳の子供は一度に多くの食事を取ることはまだ難しいとよく言われています。
おやつの位置付けは、1日全体で必要な栄養を取るための「食事の補助的なもの」という位置付けで考えるべきだと思います。
ですので、本来ならスナック菓子やチョコなどという「お菓子」を与える必要がないのです。
おにぎりやふかし芋、りんごなどの果物などの軽い食事でも良いのではないでしょうか?

・泣いても、駄々をこねてもあげない
少し厳しいようですが、泣いたら貰えると知ると子供は泣きます。
ここはきちんとお母さんがコントロールしないと欲しいものしか食べなくなってしまいます。それでは身体が心配ですよね?
2歳にもなれば、根気は必要かもしれませんが話せば理解はできます。
「もう少し待ってね。美味しいご飯できるからね」と好きなおかずでも用意してあげましょう。我慢が待つ楽しみになるような、そんな風にお話できると一番いいですよね。

 





 

まとめ

いかがでしたか?

いくつかのケースについてお伝えしました。
食べないと心配になってしまいますよね。だけど、一回の食事にとらわれ過ぎず1日単位で見るようにすると少し気持ちも楽になるかもしれません。

子供ってすごく敏感なので、意外とお母さんのイライラやそわそわも伝わってたりするんですよね。

食事が子供にとっても、そしてお母さんにとっても楽しい時間になるように。

少しでも参考になれば嬉しいです。

Mi+

コメント

タイトルとURLをコピーしました