保育園の水遊び。0、1歳児はトレーニングパンツ⁉︎それともオムツ!⁉︎タオルの大きさと必要枚数は?子供が喜ぶ水遊びおもちゃとは。

プールで遊ぶ子供 保育園の話

プールで遊ぶ子供

小さい子供、特に赤ちゃんは肌が弱く汗もよくかくので、夏場の水遊びは必須と言ってもいいくらい重要です。一日一回の入浴だけではすぐに汗疹ができてしまったりします。

とはいえ自宅ならともかく、保育園での水遊びとなると「何を着て遊ぶ?」安全性も考えたらどんな風に遊ばせるのがいいのかな?

保育園によって違いがあるの?

タオルは何枚用意したらいい?

など、困ってしまうこともしばしば。

今回は保育園の水遊びに関するあれこれをまとめて書いていこうと思います。




なぜ水遊びをするの?

水遊びは「感覚遊び」と呼ばれる五感(音、光、触感、香り、味)を使って遊ぶ遊びの中でも特に、いろんな感覚が磨かれる貴重な遊びです。

五感を使って遊ぶことで、気持ち良さや生きるエネルギーを得ることができ、子供の完成を磨くのにとても適しているそう。

 

また、水に親しんで慣れることで、小学校に上がってから必ず行う「水泳」の授業にもスムーズに移行することができます

 

うちの子供達は水が嫌いな子は一人もいませんでした(みんなお風呂に入るとなかなか出てこないタイプでした…)が、それでも水の中に顔をつけるのにはだいぶ抵抗がありました。

シャワーが顔にかかるだけで大泣きで、頭を洗うのにも一苦労…。

それが、保育園でお友達と一緒にシャワーやプール遊びをすることで、顔に水がかかるのも平気になりましたし、「ママ、見てみて」と、嬉しそうにお風呂の水の中に顔をつけてはドヤ顔をしていました。

できなかったことができるようになることで、子供自身の自信にも繋がっているようです





0、1歳児の水遊びの格好とは

まだトイレを教えることができない0、1歳児。着替えも自分ではできません。

そのため水遊びをどんな格好でさせるかは園によって大きく違うようです。

 

うちが最初にお世話になった園では、0、1歳児でも水着を持参していました。オムツは履かず、そのまま水着。

プライベートでプールや川に水遊びに行く時にも使えるので、水着を購入することにさほど抵抗はありませんでした。

 

次にお世話になった保育園では、0、1歳児はプールには入らず室内でベビーバスで沐浴だったので、水着すら必要ありませんでした。みんなすっぽんぽんで一人づつお風呂に入る感じ。

小さな子供ですし、親としては汗疹ができたりしなければいいのでそれもありかなと思います。

ただ、「水で遊ぶ」という目的を考えるとちょっと物足りない感じもしますが…大きくなってから遊べればそれでもいいのかなと思います。

 

調べてみると、0、1歳児の水遊びの格好は本当にいろんな園があるのですね。

 

よく聞くのが、水遊び用のオムツを着用するところ。

ただあのオムツ、水の外ではおしっこやウンチをキャッチできますが、水の中ではその役割は果たさないのだそう。それなら役割は水着とさほど変わりません。

1度や2度の使用で済むのであれば、使い捨ての水遊び用オムツの方が安上がりですが、夏の間何回も使うようであれば、水着を1着買う方が安いかもしれません。

 

 

その他トレーニングパンツを使用するところ、Tシャツ短パンで遊ぶところ、ウィリーパンツを着用するところなど様々です。

 

このウィリーパンツ

初めて聞いた名前だったので、どんなものなのかと色々と調べてみました。

見た目や素材は、昔小学生の頃に女子が履いていたブルマーに瓜二つ。

トレーニングパンツのように水を吸収しないので重くならず、泥遊びや排泄物などで汚れても、手洗いですぐに落ちるのも嬉しいポイント。

濡れた後でも着脱しやすく、ゴムを入れ替えれば数年使えるそうです。

価格も1000円くらいなので、ものによっては水着よりも安いかもしれません。(水着だと成長によって買い替えが必要ですもんね。。。)

 

保育園によっては園でウィリーパンツを一括購入してしまうところもあるようです。





タオルはどんなタオルが必要か、準備する枚数は?

これはまた保育園によって変わって来ますよね~。

 

まず枚数は、水遊びをする頻度によって異なってくるかと思います。うちの子供達が通った園は、学年ごとに水遊びをする日が決められていて、プール開きの前に予定表が配られます

だいたいどの学年も週に二回程度なので、1枚を洗濯して使うのに十分な時間的余裕があります

 

 

長男が通っていた園では、プールバックを常に保育園に置いておき、天気がよくてプールに入れそうな日は先生が判断して水遊び。お迎えの時に掲示板に「水着をお持ち帰りください」と一言書いてあるので、水着を使用した日だけそれぞれ持ち帰り、次の日に持ってくる感じ。

なので毎日水遊びすることもあれば、しばらく水遊びしないことも。

タオルは。。。2枚ある方が安心でしたね。ただ、真夏は一晩干しておくだけで結構乾きましたけどね。

 

ちなみに、この長男の園ではボタン付きのラップタオルでなくてもよく、バスタオル可だったので家に使っていないタオルがあったのでもし乾かないことがあっても困りませんでした

時々持ち帰るのを忘れてしまうこともあって、そんな時は先生が保育園内に干していてくれたりしました。

 

 

長女の通う園では、2歳児さんまではバスタオル可。3歳児より上はラップタオルと決まっています

 

うちの地域は小学校に上がれば絶対に水泳道具にラップタオルは必要なので、小学校に上がるまで使えればいいなぁ~。と思いながら今年購入しました。

まぁ、女の子なので着替える時すっぽんぽんも可哀想ですからね。必要な出費かと思います。





子供が喜ぶ水遊び用おもちゃ

うちの子、おもちゃがなくても風呂桶だけでずっと遊んでいられるくらい水遊びが好きなんです。

こんな我が家の子供達が食いつくおもちゃで参考になるか分からないですけど、いくつかお役に立てる情報があればと思います。

手ぬぐい

カゴに入った3本の手ぬぐい

おもちゃではないんですけど。

子供って、なぜかおもちゃでないものにものすごく食いついて遊ぶんですよね。笑

一時期、毎回お風呂に手ぬぐい入ってましたね~。絞ったり浮かべたり、桶に入れて料理の真似っこしたり。

兄弟で取り合うくらい手ぬぐい好きでした。笑

私は空気を入れて膨らませてみせたり、中からぷくぷく泡が出て来たり。もう大喜びです。

 

ペットボトルシャワー

空のペットボトル

ペットボトルの底に穴を開けるだけ。

手軽なのでやってみましたが、うちの子はそんなに長く遊ばなかった印象があります。

ペットボトルそのままでも中に水を入れて出したり、結構楽しめそうな気がします。

 

 

 

スーパーボール

スーパーボールすくいいっぱいあるといいですよね、喧嘩にならなくて。笑

カラフルなスーパーボールを受けべて遊んだらテンション上がりますね!

 

 

 

牛乳パックの船

うちの長男は遊ぶのも好きですけど、もっと好きなのが考えて作ること。

「船を一緒に作ろう」って言ったら。やる気満々になって自由に作り出しますね、きっと。

 

浮かぶかどうか、綺麗な形にできるかどうかも大切ですが、子供自身が自分で考え、想像して作ること、失敗したら「どうして浮かばないんだろう?」と考えることがとっても大切な気がします。





まとめ

今回水遊びについて調べていく中で、「感覚遊び」という言葉を初めて知りました。

現代の子供達の遊びは、室内遊びやテレビ、ゲームなど、昔と大きく変化して来ています。外で色々な自然の音を聞いたり、空気や光、温度の違いを感じたり、土や木、植物に触れてみたり。

そんな機会が少なくなって来ています。

 

五感を使って遊べる水遊び、どんな地域に住んでいても割と手軽に行うことができますので、保育園でももちろんですが、ご自宅でも積極的に子供と水に親しんでもらえたらなと思います。

 

ちなみに我が家は、ビニールプールも庭もないので、夏は風呂場でバスタブに水を少しだけ貯めて遊んでいますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました