子供に人気の習い事ピアノ。月謝の相場やその他必要な費用は?

ピアノ習って間もない小さな子供 教育

 

昔も今も変わらず、習い事として人気の「ピアノ」。

「脳にすごくいい。」「音感がつく。」「楽譜が読めるようになる。」「感じること、表現することを通して豊かな感性が身につく。」など、ピアノを習わせたいと考える理由は様々です。

しかし、いざ子供にピアノを習わせたい。そんな時、気になるのは月謝やその他のかかる費用のことですよね。

正直、特に個人のピアノ教室でレッスンされている先生の考え方やレッスンの進め方はそれぞれなので、一概にこの金額が平均です。とは申し上げにくいです。

そして、先生の経歴や、音楽大学や芸術大学への受験を目指す生徒さんを沢山受け入れている教室や、楽しく趣味で音楽を楽しみましょうというスタンスの教室など、そういった部分でも月謝やかかる費用については大きな違いがあります。

 

しかし、相場は知っておきたいですよね。

 

私自身、様々なタイプの教室でレッスンを受けてきた経験と、大手音楽教室の講師として勤務していたこと、そして個人でピアノ教室を開いていた経験に基づいて、月謝とその他にかかる費用について、今回はお伝えしたいと思います。












ピアノの個人レッスン、月謝の相場はどれくらい?

ピアノを習うのにいくらかかるのかな?と考えている子猫

今回はグループレッスンでは無く、個人レッスンの場合についてお伝えします。

(その方が個人のピアノ教室との比較が分かりやすいと思います。)

 

基本的には大手の音楽教室であっても、個人のピアノ教室であっても、段階(レベル)に応じて月謝の値段は変わっていきます

導入期と呼ばれる習い始めの時期は、比較的どの教室も月謝の金額は低めに設定されていますが、初級、中級、上級などレベルが上がるごとに月謝の金額も上がっていくことが殆どです。

 

ヤマハやカワイなど、大手の音楽教室では月謝の金額については明確に明記されていますので、月謝について先々どれくらい必要か知ることが出来ます。

大体の相場は7,000円〜9,000円ほどとなっています。

ヤマハは月謝については全国一律となっています。

カワイは施設によって違いがあり、全国一律ではありません。

大体レッスンは年間40回が殆どで、一回のレッスンは30分です。

 

難しいのが個人のピアノ教室で、使う教材も先生によって(中には同じ教室でも生徒さんによって違う教材を使うことがあります。)全く違うからです。

大体は大手音楽教室と同じように、教材のステップが上がるタイミングで月謝も変わります。

一概には言えないのですが、大体6,000円〜10,000円くらいが相場かな?という感じがします。

(もっと安い教室も、もっと高い教室も様々です)

レッスン回数も教室によって違いますが、大体年間40回ほどです。

レッスン時間も様々で、30分〜60分が多いです。











 

子供のピアノの習い事、月謝以外にかかる費用は?

ピアノ習って間もない小さな子供

まず、最初にかかる費用として、入会金があります。

大手音楽教室では、必ず入会金を支払わなくてはなりません。

施設にもよりますが、大体5,000円〜10,000円ほどかかります。

個人のピアノ教室では、入会金がない場合も多くあります。

かかる場合は大手音楽教室の相場と同じくらいだと思います。

 

他に、大手音楽教室では「施設使用料」「運営管理費」という名目で毎月大体500円〜3,000円ほどかかります。(カワイは施設によりますが若干高めです)

個人のピアノ教室では、こちらも徴収しない場合が多いですが、中には冷暖房費として幾らか徴収する教室もあるようです。

私は自分の教室でもいただきませんでしたし、そういう教室には周りにも少なかったですが。

(温暖な地域だったことも関係すると思います)

 

続いて毎月ではないが、かかる費用についてまとめてみます。

 

・教材費

ステップが上がるごとに教材の購入が必要です。

大手音楽教室では、使用教材が決まっていることが多いです。

大体3,000円〜5,000円が相場だと思います。

(グループレッスンの方が教材費については少し高くなります。)

個人のピアノ教室では、使用する教材も様々なので一概には言えませんが、大体1,000円〜5,000円くらいが相場だと思います。

1冊ずつの購入の場合はそれほど費用はかからないのですが、レベルによっては数冊まとめて購入する場合であったり、もっとレベルが上がると海外の版の楽譜であったり1冊が高くなってしまうことがあるので、本当に様々です。

 

・発表会の会費

大体大手音楽教室では年に1回は必ずあると思います。

個人のピアノ教室でも毎年される場合もありますが、2年に1回など様々です。

会場の規模などにもよりますが、大体どちらも8,000円〜20,000円ほどになります。

 

・コンクールの参加費

様々なコンクールがあるので、そういった場での演奏の機会を大切にしている教室だと出演機会もあると思います。

約10,000円〜30,000円ほどが相場だと思います。

 

・グレードなど様々な試験、資格

こちらも教室や先生にもよりますが、特に大手音楽教室ではグレードを取ることを強く推奨している場合が多いので、かかる費用として挙げておくようにします。

4,500円〜13,000円が大体の相場です。

 

他にも、発表会やコンクールの衣装や、教室によっては様々な会があるので、その都度参加費などがかかってきます。











 

ピアノ教室選ぶなら、大手と個人、どちらの方が安いの??

大手と個人のピアノの月謝の違い

この質問、友人や周りの親戚からよく聞かれました。

参考になるようにお伝えしたいのですが、いつも困ってしまうのです。

 

自分の感覚としては、どちらも結局同じくらいだと感じるのですが、特に、個人のピアノ教室は本当に教室によって月謝も、費用も全く違うのです。

 

中には入会金も要らず、楽器は安い電子ピアノでもOK。月謝も驚くような安い値段で、発表会もカジュアルな雰囲気で普段着でも大丈夫。そんな風にして、たくさんの生徒さんをびっちり受け入れて開いているマンモスな教室もあります。

方や、楽器は基本的にアップライト、もしくはグランドピアノ。コンクールや発表会、それ以外にも月に一回はエチュード会(おさらい会)、グレードなど資格取得にも熱心で、月謝も高額。そんな教室もあります。

とても極端な例を挙げましたが、どちらが良い、悪いということではないのです。

やはり、どのようなレッスンを受けさせたいかで大きく変わってくると思いますし、検討される教室で出来るだけ事前に詳しく話を聞いたり、情報収集した上で決めるようにすると安心です。

 

大手音楽教室は使用教材や進め方など、内容も費用もある程度決まっているので、そういった点では分かりやすいかもしれません。











 

まとめ

いかがでしたか?

今回はレッスンにかかる費用の相場を、大手音楽教室と個人のピアノ教室で比較しお伝えしました。

どちらにも良いところ悪いところがあるので、どちらが良いということは難しいですが、どういう風にピアノを習わせてあげたいか。その想いに合ったところが、やはり一番良いと思います。

 

参考になれば嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました