平均的な保育園のお迎え時間は⁉︎お迎えが遅くなることで子供に与える影響と時短という働き方

保育園見学にいくお母さんと子供 仕事の話

一緒に歩くお母さんと子供

子育てと仕事との間でどんなお母さんでも迷うのが働き方です。

この二つを両立する上で最も大切なのがバランスだと私は思うのですが、私自身、丁度いいバランスを発見するまでにすごく時間がかかりました。

子供のライフスタイルの変化によっても変わってくるので、バランスを維持し続けるのは不可能。でも、常に試行錯誤しながらチャレンジすることで、自分や家族にとって丁度いいところが何となく分かってきたような気がしています。(未だ試行錯誤中ですが…)

今回は育児と仕事のバランスを保つ上でも重要な保育園のお迎え時間について、掘り下げて書いていこうと思います。





平均的な保育園のお迎え時間は?

平均的なお迎えの時間は、保育園によって異なるようです。

私の長男が通っていた保育園は認可で割と大きな園だったので、看護師さんや教師、保育士など、しっかりしたお仕事に就いている保護者の方が多く、17時~18時の間にお迎えにくる人がほとんどでした。

育児休暇取得中のお母さんも多かったので、育児休暇中は原則9:00登園、16:30お迎えで、その時間帯にも混み合っていました。

延長保育(18時以降)になると全体でも10名いるかいないかで、19時までには皆お迎えに来てもらっていたようです。

 

保育士をしている友人が

「(保育園のお迎えが)19時以降になるって言ったら、『19時を過ぎる人はいません』って言われちゃったんだよね」

と。そうか、同業者も大変だなぁ。。。

その友人は実家が近かったので、遅くなる時にはお母さんにお迎えをお願いしていたようです。

 

 

一方、長女と次男を預けていた保育園では、長男の通っていた保育園に比べて育児休暇を取得しているお母さんが少なく、働き方もハードで人数の割に土曜保育を利用するお母さん方が多かったです。

お迎え時間も17:30~18:00の間にピークをむかえている印象がありました。

保育園によってもカラーがありお母さん方の働き方も違うので、自分の働き方にあった園を選ぶときっと馴染みやすいですね。





お迎えが遅くなることで子供に与える影響とは?

私が以前働いていた職場は通勤に1時間半かかり、時短勤務を申請はしていたものの一番後輩だったため他の時短勤務の人よりも早く帰るのが申し訳なく、延長保育ギリギリにお迎えに行ける時間に退勤時間を申請していました。

 

人目を気にしすぎたんですね。

 

何が悪かったって、退勤後のバタバタが半端なかったです。笑

1分1秒を争うので会社を出たら即小走り。ダッシュだとすぐバテるので。笑

お迎えも、先生の話を早々と切り上げ子供を自転車に突っ込み猛ダッシュ。スーパーに寄る時間はなかったのでいつも買い物は休日にまとめてしてました。

だから毎日家にある食材でやりくりするのですが、もちろん、限られた食材で作るのでとーっても質素。旦那さんにはよく文句を言われました。

 

子供と会話をしたり戯れたりする時間などなく、とにかく洗濯回して風呂沸かして、料理作って…とやらなきゃいけないことをひたすらやる‼︎

 

当時まだ長男は1歳でいやいや期もまだだったのですが、これでワガママとか「イヤー‼︎‼︎‼︎‼︎」とか言われてたら

 

「私の方が嫌じゃ~‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎」

ってブチ切れてましたね、間違いなく。笑

 

とは言え予想外のことが起こるのが育児というもの。息子が食べ物ぶちまけたり、本棚からバラバラと本を出したり、おもちゃが散乱していたり…。

それらにイライラしながら「今日は早く寝かすぞ!」と、意気込んでいました。

 

育児において、子供と過ごす時間は長さではなくどれだけ濃い時間を過ごせるかだ。と言われるのをよく聞きますが、

時間が短かすぎて濃い時間なんて過ごせませんでした。

今となっては笑い話ですが。

 

ここで文頭で話した「バランス」に行き着きます。

私にとって当時の生活は16:30には退勤していましたが、バランスが崩れていました。このバランスは人によって異なりますから、比べることはできません。

「あの人はこの勤務時間で子供も育ててうまくやってるのに…」なんて事は言えないんです。

だって住んでる場所も、環境も、旦那さんの働き方も、実家も、その他にも違う事ばかりなんですから。

自分自身で自分に合うバランスの取り方を見つける必要があります。

 

 

ちなみに、うちの次男(1歳)は私がお迎えに行くと必ず「ひーん」と悲しい顔をしてバタッと倒れます。

長女(4歳)は、少しお迎えが遅くなると「ママ今日お迎え遅かった」と言います。

 

子供の性格や家庭環境にもよるので、「保育園に預けている時間が長いほどグレやすい」とは言いきれませんが、子供にとって家庭が一番大切な場所である事は言うまでもありません。





どうしてもお迎えが遅くなり閉園に間に合わない時に活用できるサービス

それでもどうしてもお迎えが遅くなってしまう時はあります。でも実家も遠いし頼れる人が他にいない‼︎そんな時に利用できるサービスをご紹介します。

ファミリーサポート

各市区町村で行われているサービスで、送迎やベビーシッターなどの援助が必要な会員と、援助をすることができる会員のマッチングを行なっています。

住んでいる地区で条件の合う人が見つかればその人に頼むことができます。

事前に説明会に参加する必要があるので、利用する可能性がある場合、早めに問い合わせるといいと思います。

地域によって異なるかもしれませんが、相模原市は時給700円で援助をお願いすることができ、援助した人はその700円を受け取ることができます。

各市区町村のファミリーサポートセンターはこちら↓

サポートセンター検索|女性労働協会
働く女性が妊娠中、出産後も仕事を続けるための制度と、子供を預けられるサポートセンターや子育て支援機関等を女性労働協会がご紹介。

AsMama-アズママ

こちらは民間で行なっているサポートサービス。基本は顔見知りのママ友同士で会員になり助け合うというサポートなのですが、顔見知りがいない場合でもママサポーターというお世話係もいるのでお願いすることができます。

ファミリーサポートと同じくお金を払いお願いするので「頼みにくい」ということもなく、プロにお願いするよりもずっと価格が低いのでお願いしやすいです。

AsMama-アズママ公式ホームページ

送迎・託児の安心頼り合い AsMama「子育てシェア」
送迎・託児を顔見知り同士で頼り合う「子育てシェア」の運営と地域の親子が出会う・つながる親子交流の場づくりをしています。





今育児と仕事のバランスを取れているかセルフチェック

自分がバランスが取れているのかチェック項目を作ってみました。

  • 小さい事でイライラする
  • 自分ばかりが何でこんなに大変なのかと思う
  • 周りと自分を比べてしまう
  • 自分が可哀想と思う
  • いつも焦る気持ちがある
  • 子供といると疲れる
  • お金を稼ぐことが何より大切だと思う
  • 忘れ物が多い

全部チェックのついた人は要注意。相当自分を追い詰めているようです。

  • 子供といると幸せを感じる
  • 仕事が充実していて楽しい
  • 子供の失敗や、いたずら、わがままを許せる
  • 上手に叱ることができる(感情的にならない)
  • 子供との会話を楽しむ余裕がある
  • よく眠れる

こちらの項目に全部チェックがついた人はなかなかバランスが良いようですね。

それぞれ家庭の事情はありますが、どうぞ自分に優しくしてあげてください。

そうしたら周りの人にも優しくなれます。





働き方を自分で選ぶということ(時短という働き方)

現代は昔に比べいろいろな制度で女性が働きやすいように守られてきています。

 

私が育児休暇を取得したのは6年前、時短勤務に変えて職場復帰したのが5年前。

妊娠中から会社の規定を読みあさり、今後どう働いていったら良いのか模索していました。

当時感じていたのは制度は充実しても、その制度に人がついてきていないということ。

法律で決められているから制度はあるものの、実際活用すると攻撃にあうのです。

人がまだ制度を受け入れていないからです。

 

会社の規模にもよりますし制度を取り入れたくてもできない会社もありますので一概には言えませんが、どんな時でも自分がどうするかは自分で決めることができます。

 

以前働いていた職場で育児休暇を取り入れるよう会社に掛け合った先輩がいました。彼女のおかげで私は育児休暇を取得することができました。

私の場合は退職という悲しい決断になってしまいましたが(詳しくは…保育園に子供を預けていた私が仕事を辞めた理由)、

それでもより良い選択をすることで当時よりもずっと育児と仕事とのバランスが取れてきています。

 

答えは一つや二つだけでなく、模索すればいろいろな選択肢が生まれます。

 

「こうするしかない」

と決めつけるのではなく、もっと柔軟にいろいろな可能性を見出してください。

時間はかかるかもしれませんが、自ら選ぶことでより良い自分に出会えます。





まとめ

仕事を優先して、でも育児に足を引っ張られて思うように仕事ができなかった昔。

働いていることに誇りを持ちつつも、会社での人間関係や思い通りにならない育児にストレスばかり感じていました。

 

大好きだった仕事を思い切って辞め、そこからもがき続けて今があるのですが。振り返るとだいぶ…

 

「落ち着いたな、私」

 

って思います。年取ったからでしょうか。笑

 

子供が一人しかいなかったのに、時間的にも心にも余裕がなかったあの時。今は3人の子育てに奮闘しつつも、あの頃よりずっと余裕があります。

 

働き方を選ぶ。

とても大切なことのように思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました