保育園の無償化決定!いつから?保育士給料や二人目以降の減額は?認可外、認証、私立保育園も?

明日から保育園を長期休みする男の子 保育園の話

無料で保育園に通うことができるのでウキウキしている子供

幼児教育の無償化が決まり、保育園や幼稚園に子供を預けているお母さんや、これから子供を預けようと思っている人はその詳細が気になっている人も多いはず。

 

無償化が決定し、実施されるにあたってこれからの保育料はどうなるのかや、保育士さんのお給料、また待機児童はどうなっていくのか等、徹底的に気になる無償化について調べました。






すでに大阪では実施されていた保育園の無償化その目的は?

保育園が無料になり家計が大助かりの大阪

日本の中でも幼児教育の無償化にいち早く取り組んでいたのが大阪府。

段階的な幼児教育の無償化は大阪府内の一部の市ではすでに行われてきました。

 

大阪府守口市では2017年4月から0~5歳児の保育料の無償化がすでに実施されており、大阪市では同じく2017年4月から4、5歳児の保育料が無償化されています。

(一定の条件を満たした認可外保育施設も無償化対象内)

 

と、大阪府を始め全国的に幼児教育の無償化に力を入れているわけですが、一体無償化の目的はなんなのでしょうか?

 

正直私も自民党が幼児教育無償化のマニュフェストを掲げた時には心から賛成する気持ちはありませんでした。必要性を感じなかったからです。

 

保育園がいっぱいで入れない家庭はたくさんいると思いますが、保育料が払えずに保育園や幼稚園に入れない家庭ってそう多くはないと思うんですよね、今の日本で。

数年前は違いましたが、現在は保育園も幼稚園も所得によって保育料が決められているので、世帯収入が多ければ保育料も高額に、収入が少なければ無料にだってなるのです。

それなのにあえてすべての人の保育料を無償化するのはなぜなのか?

 

「子供手当てと同じバラマキ政策でしょ、本当の目的は消費税の増税なんじゃん」

 

って、正直思いました。

 

「幼児教育無償化の財源確保のための消費税増税」

と、政府はうたってますが、本当の目的は消費税の増税で幼児教育無償化は国民をなだめるための理由付けなのはバレバレです。

 

ただ、増税も大きな目的の一つだとはおもいますが、それ以外にも幼児教育を無償化することでの政府の狙いはあるはず(と思いたい)です。

私なりに分析してみました。





 

理由1、優秀な人材は子供の時に受けた教育により育つ

中国人は皆幼児教育にものすごく熱心で、小学校へ上がる前から習い事をいくつもしますし、語学は当たり前のように習わせます。

「いくつになっても勉強は始められる」

と、私も思っていましたが、年々年を重ねるごとに感じる(特に子供を産んでから強く感じる)のは

「若い子には勝てないわ~」

ということ。笑

 

脳みそがやわらかければ柔らかいほどその吸収力はすごいですし、年齢を重ねた今努力でなんとかできるレベルのものではないんですね。

ピッチピチの自分の子供たちと遊んでいてもその記憶力に驚きますもん。

 

海外では実験の結果から幼いころに高度な教育を受けさせることで年収が上がるということも分かっていて、国を上げて幼児教育に力を入れている国も多いそう。

 

ただ、質の高い教育を受けることで子供の年収が上がるというのは納得なのですが、

無償化しようと、しまいと子供を保育園に通わせている我が家としては、お金がかかるかかからないかの違いだけで子供の将来の年収にはさほど違いがないように思います。

我が家だけでなくほとんどの家庭がそうなのではないでしょうか、保育園に入れる絶対数に限りがあり、待機になっている子供も多いのが日本の現状なのですから。

 

それか、政府は幼稚園に入る子供を増やしたいのでしょうか。。。

数年前にできたこども園や、働いているお母さんでも幼稚園に子供を預けている人が増えてきた昨今、政府の狙いとしては幼稚園に子供を預ける人が増えることなのかもしれません。





理由2、優秀な人材が増えれば経済が潤い、税金を多く収めることができるため国も潤う

これは言うまでもなくその通りですよね。子どもはこの国の未来を担っているわけですから、一人一人が優秀な人材となれば、一人一人の稼ぐお金も増え、税金がぽがぽ、国が潤うという、こうゆう計画ですよね。

豊かな国とはそうゆうものなので、狙いとして間違ってないと思います。

 

ただ、今現在保育園にも幼稚園にも入ることのできない家庭の割合ってものすごく少数ですし、なかには経済的な理由ではなくポリシーをもって、園には入れない家庭もあります。

無償化=優秀な人材が増えると考えるのはあまりにも安易な考えのように私は思います。





 

理由3、保育園や幼稚園などの施設が無料になることで民間で行われている習い事や教育にお金をかける人が増えるのではないか

さきほどもすこし書いたように、現状保育園や幼稚園に子供を預けている家庭にとって、無償化はお金は多少浮くけれども(もともと所得が低いので我が家は多少しか浮きません…)受けている教育には何ら変わりがなく、現状維持なのですが、、、

恐らく政府の狙いとしてはその浮いたお金を習い事などの幼児教育に充てる家庭が増えればと思っているのではないでしょうか。

 

今まで高額の保育料を支払っていた高所得世帯は、当然高額の保育料が浮きますので、その分を他の習いごとや教育費に充てる可能性は高いです。

 

つまり、「すべての人が平等に」と政府がだした政策は「高所得世帯にはより教育をうける機会を与え、所得の低い世帯には現状維持」という結果を生じさせる可能性が高いです。

 

そうなるとどうなるか、「幼いころに受けた教育が将来優秀な人材を育てる」という理屈がただしければ、「優秀な人材として育つには所得の高い家庭に生まれることが必須条件」となりうるのです。

 

幼児教育無償化政策は「貧富の差をなくす」どころか「格差を広げる」恐ろしい政策になり得ると私は考えます。





 

理由4.すべての子供たちが質の高い教育をうけられるようにすることで少子化対策になる⁉

安倍首相は幼児教育の無償化の理由について、少子化対策を口に出しているようですが、保育園や幼稚園が無償化したら本当に少子化を食い止めることができるのでしょうか?

 

「教育費にお金がかかるから子供は産めない」

と言っている人は幼児教育が無償化になっただけではたして子供を産みたいと思うでしょうか?

子供を育てることでかかるお金なんて幼児教育だけでは収まらないですし、食費、水道光熱費、外食費など他にもいっぱいあり、幼児の間の期間限定の教育費なんてトータルから見てほんのわずかです。

 

それに、子供を産むか産まないかは理性だけで決めることではありません。

産みたいか、産みたくないか感情がとても大切なのです。

お金を理由にしている人は、子供を産まない本当の理由が他にあるように私は思います。

 

以上の点から、金銭的なことを理由に子供を産まない人が幼児教育が無償になるというだけで子供を産みたいと思うとは私は考えにくいと思います。





 

保育園が無償化されるのはいつから?何歳からが無償なの?

保育園はいつから無料になるのかな〜?と考えるいぬ

<2020年度までに、3歳から5歳までのすべての子供たちの幼稚園・保育園の費用を無償化します。0歳から2歳児についても、所得の低い世帯に対して無償化します>(自民党のホームページより引用)

 

貼り付け元  <https://sho.jp/topic/7208>

当初2020年までに無償化を実施するとしていましたが、それが2019年4月から一部スタートとなり、その後2019年10月に認可保育園、幼稚園の3~5歳児すべてが無償化になると発表されました。

 

<2019年4月から一部をスタートし、2020年4月から全面的に実施する>(『新しい経済政策パッケージについて』より引用)

 

貼り付け元  <https://sho.jp/topic/7208>





保育園の無償化、2019年10月から全面実施その内容とは

 

・3~5歳の認可保育園や幼稚園、に通う子供の基本的な保育料が無料(入園料や主食費、お道具箱などの備品のお金等、園に直接支払うお金はこれに含まれません)

 

・0~2歳の認可保育園に通う非課税世帯(年収250万円未満の世帯)の基本的な保育料が無料

 

なぜ2019年の10月からという中途半端な時期に始まるのか

中途半端な時期と思われるかもしれませんが、10月は普通に保育料が切り替わるタイミングともいえる時期でもあります。

前年度収めた税金を元にした保育料が10月に決定されるのです。

そのために保育園への在園が可能かどうか、就労状況を申告する書類が8月末~9月に配られます。

在園児の継続状況が分かった後、10月に新入園児の募集を行います。

 

新しく算出された保育料は10月~次年度の9月まで退園、卒園、兄弟の入園等がなければそのままの金額になります。4月に入園や卒園などの変動があれば、変動した保育料のお知らせが3月に届きます。

 

また、消費税を10%に上げるのも2019年の10月ということで、財源が確保出来次第早急に無償化に取り掛かろうということなのでしょうか。





認可外や認証、認定保育園、小規模保育施設、私立保育園などすべてが無償化されるの?

認可も認証も無認可も、全部の保育園が無料になるのか疑問に思う猫
認可保育園へ通う3~5歳児は全員無料とし、

・認可外(認証や認定を含む)に通う3~5歳の保育料は認可の平均保育料(月約3万7千円)を上限に助成する

 

・住民税が非課税(年収250万円以下)の世帯で認可保育園に通っている子供は保育料が無料

 

・住民税が非課税(年収250万円以下)の世帯で認可外保育園に通っている子供は4万2千円を上限に保育料を助成する

 

どうやら完全に無償化されるのは3〜5歳の認可保育園に通っている園児に限定されるようです。

認可外の場合は35,000円までは補助を受けられるので、保育料が35,000円以下の場合は無償化されるのと同じことになります。

 

もともと認可外の保育園は世帯年収に関係なく保育園が定めている保育料の金額を支払っているので、ものすごく高額な保育園でなければ

3歳以上であれば(大きくなるほど保育料は安くなっていくはずなので)3万円は超えないのではないんじゃないのかなと思いますが…

一応35,000円が平均なのだそうです。

 

ということは、認可外であっても大抵の保育園はほぼ無料になるということですよね。

もしオーバーしてしまったとしても、さらに数万円。。。ということはよほど高額な保育園でない限り考えにくいのではないかと思います。





なぜ認可外の保育施設は無償化されないのか

ずっと懸念され続けてきた認可外保育施設は無償化されないことについて。

私も当初この差は

「待機児童が増え、認可保育園に入れなかった家庭のがっかり度合いが上がるだけでは…」

 

と思っていましたが、

自民党としては財源が足りないということだけが理由ではなく、この決定は無償化の目的とも関連してくるのかなと思いました。

 

「すべての子供に質の高い教育を」

 

「すべての子供に」というところは当てはまりませんが、注目してほしいのは「質の高い教育を」という部分。

 

認可されていない園については国や市が定める基準に達していない園が多く、すべての園を無償化してしまってはこの政策の目的が果たせないと考えているのかもしれません。

 

そうなると早急にしなくてはならないのは質の高い教育を提供することのできる認可園をいち早く増やさなければ!というところですよね、今の段階では無償化のもたらす恩恵はただ認可園の競争率が上がるだけで「すべての子供」どころか、保活戦争に勝つか勝たないかが人生の分かれ道的な状況になりそうです。

 

そのあたり、どう考えているのか安倍首相に聞いてみたいものです。





 

2人目以降が減額される多子減税は継続される?どんな風になるの?0歳児の保育料は

無償化に伴い2人目、3人目の保育料はどうなる⁉︎
保育園が無償化された後の多子減税について調べてみたのですが、直接的な文面はなく

ただ、調べていて分かったことは平成28年度から実施されてきた多子減税も無償化の段階的な取り組みの一部だということ。

 

そう考えると、今回2019年10月に全面的に実施される主に3~5歳児をターゲットにした保育料の無償化や認可保育園に限定された政策も完成形ではなく、これからの変化の一部なのかもしれません。

 

以上の点を踏まえると、今回の2019年10月スタートの保育料無償化に伴って、多子減税がなくなるということはとても考えにくいです。

 

「3歳以上の一人目が無料になるのに、0~2歳の2人目がその半額っていくら??」

と、多子減税のルールそのものへの疑問は生じてきますが、恐らく今まで保育料が決定されていた方法と同じように(公立保育園、幼稚園の費用の違いと月々にかかる金額の調べ方参照)、前年の世帯での収めた税金を元に保育料を算出し、2人目に該当する子供の保育料はその半額に、3人目に該当する子供の保育料は全額負担なしとなるのではないか…

 

そうでないと、いくら3~5歳児の保育料が無料になっても、2人目、3人目のいる家庭はその保育料が全額になってしまっては逆に家計の負担が増えることとなり少子化対策にも幼児教育の発展にもつながりません。

 

我が家は子供が3人、一人は小学生で二人目が4歳児、3人目が2歳児です。

今は2人目が世帯の収める税額に応じた保育料を全額支払い、3人目は半額となっていますが、来年の10月以降は3人目も3歳児クラスにあがるので2人とも全額免除となります。

 

多子減税制度を考えると子供が保育園へ通っている場合、一人目が小学校に入学すると保育園に通っている2人目を一人目として考えるため、本当は2人目の子供も全額負担に、3人目が半額になります。(今の私の状況ですね)

 

幼稚園でも預かり保育ができ、仕事をしている人でも子供を幼稚園へ預けることが可能になってきた今、

「(幼稚園にすると一人目が4年生になるまで、つまり3年生までは1人目としてかぞえられるので)幼稚園へ預ける方が家計的には助かるのかな?」

と思ったりもしましたが。

 

3歳からは認可であれば保育園でも幼稚園でも無償化されるのであれば多子減税による差は軽減されますし、

幼稚園児の場合そもそも年少さんから無償化されるわけですから、多子減税は全く関係なくなりますね。





無償化が適用されるのに年収の制限はあるの?

年収が高いけれど保育料は免除してもらえるのかと思い悩む父

認可保育園の3~5歳児に関しては、年収の制限はなくすべての人が無償化となります。

0~2歳児に関しては年収250万円以下の世帯が無償化されます。(非課税世帯なので、今と変わりませんね)

 

高所得の世帯の保育料が無償化されることについて不平等だとは私は思いませんが皆が一律に無料になるのが平等かと聞かれたら、それもうなずくことが出来ないです。

幼児教育に関しては特に、現在の差が子の代、孫の代と年を追うごとに差を広げて転がっていくことが容易に予測できます。

 

日本が他国と比べて比較的貧富の差がなく、中流階級世帯が多くバランスが取れているのは、「多く稼いでいる人は多く収める」という税制度がしっかりしているからではないかと私は思っています。

結果、富んでいる人が貧しい人を養うような形になってしまいますが、幼い子供を国を上げて育もうという幼児教育無償化制度の根本にある思想と同じく、お互いに支えあう、少しでも余裕があるなら、余裕のない人を支えるという考え方が国のバランスを保つのにとても必要なことだと思うのです。

 

「自分さえ良ければそれでいい」という考え方は、国を滅ぼしかねない恐ろしい思想です。

 

年収に関しては制限はないので、「我が家は無償化が当てはまらないかも!?」と心配する必要はなさそうです。





あなたの家計は助かる⁉保育料の無償化条件チャート

 

作成中です。

気になる待機児童問題はどうなる⁉徹底予測

保育園に入れなくて泣いている男の子

そして気になる待機児童問題。

 

世間では待機児童が増えると騒がれていますが…。

私も認証や認定、また無認可の保育園から認可保育園への転園を希望する人が増えるのではないかと当初思っていました。

 

ただ、認可外の保育園にも35000円の補助がつくのであれば、保育園が変わることで子供が不安定になったり、新たな人間関係を築く必要が出てきたり、送迎の問題も出てきたり…、と、慣れた保育園を変えたいと思うほどの金額の差が出てくる保育園は少ないのではないかな。

と、思います。

子供が保育園に行きたくないと言い出したらどうしよう、とか。ママ友と話が合わなかったら…とか。
保育園を変えるというのはなかなかエネルギーと勇気のいることですから、転園を希望される人はそんなに多くはいないかもしれません。

一番待機児童の多い0~2歳は無償化はされないので、移動があるとしたら認可か認可外かで差が出てくる非課税世帯ではないでしょうか。(年収が250万円以下の非課税世帯は認可保育園だと無料、認可外だと上限付きの助成になります)。

 

またもし、認可外の保育園に子供を預けている方で、助成される保育料(3万5千円)よりも保育料が高く、転園を考え動き始めるなら幼稚園も保育園も、こども園も、新入園児を募集するのは9月~10月なので、4月入園で定員が空いているかなどの情報収集を急いだほうがよさそうです。

 

幼稚園でも預かり保育が可能な園はだいぶ増えてきました。

保育園に転園を希望して待機になるよりは、預かり保育のある幼稚園を探してみるのも手かもしれません。

また保育園でも3~5歳は0~2歳に比べて定員が多くなっているので入れるところがあるかもしれないので、早めに家庭相談課へ行くことをお勧めします。

待機児童の予想は、「多少増えるけど思ったよりも増えない」が私の予想です。

「完全無償の方がいい!」と飛びつく人は多いと思うのでやっぱりどうしても今まで以上に認可保育園の競争率は上がると思います。





保育園が無償化することで保育士さんの待遇や給料はどう変化する?

保育料が無料になっても変わらぬ笑顔の保育士さん

認可外保育園の在園児が認可保育園へ転園を希望することはあると思うので、認可保育園の定員がいっぱいになることはあると思いますが、もともと定員が決まっているのでその枠が変化しない限りは無償化することで一人の保育士にかかる負担が増えることはあまりないと思います。

 

また保育士の給料に関しても無償化して保護者からの収入がなくなっても、国がその分のお金を払ってくれるので、保育士の給料に変化がでるとは考えにくいです。

 

むしろ私立の認可保育園であれば無償化を機に値上げする園が出てくることも考えられます。

ただ、その値上げしたぶん増えた収益が保育士待遇改善に使われるのかは園の判断によるので何とも言えませんが…。

 

保育料を無料にするということを国が決定した以上、「値上げすることで園児が減る」という心配はなくなるので、今までカツカツで経営してきた保育園も無償化を機に価格の見直しができるかもしれません。





 

まとめ

うちも幼児教育真っただ中の子供がいますので、保育料が無料になることでその恩恵は受けることになるのですが、政治を考えるうえで重要なのは自分に利益があるかどうかではなく、全体を見つめることであると常々思っています。

 

「曇りなき眼で・・・」

 

そう、アシタカのようなフラットな心が必要ですね。

上に立つ人間の心がどれだけフラットであるかが日本のこれからを左右するポイントではないかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました