インターネット規制でつながらない!滞在前に知っておきたい中国のネット事情と規制を回避する方法【2018年】

中国の観光地 未分類

インターネットが繋がらない中国
は~、、、今回の中国滞在はいろいろと準備不足でへこんでおります。

 

ただでさえ自由の利かない旦那さんの実家に10日間の滞在。

 

子どもたちを見てくれる大人の目も多いこの環境で少しでもブログの記事を増やす機会になればと、移動中に子供が大人しく出来るようタブレットまで契約したのに到着してみて思いがけずのトラブル続きに目の前が真っ白です。

 

一番誤算だったのは、このブログで契約しているサーバーに海外からアクセスできない設定がされていたこと。

 

そしてもう一つの大きな問題は(こちらは予測できたことなのですが)中国のネット規制です。

 

準備を怠ったためにこの10日間、できることが限られてしまうのはものすごく残念。

でもこの失敗を無駄にはしたくない‼‼‼‼

この経験がどなたかの役に立てばと、中国に滞在する前に知っておきたい中国のネット事情について書いていきたいと思います。






なぜ中国ではこんなにもインターネットの規制が!?つながらないオンラインサービスとネット規制の理由

つながらないオンラインサービスやサイト

・ライン

・インスタグラム

・yahooはbing経由でないと開かない

・youtube

つながるサイト

・アメブロ

・2ch

・ニコニコ動画

・skype

(2018年8月4日、中国天津市にて接続可能でした)

 

 

中国国内で主に使われている検索エンジンはbingで、yahooなどの検索可能な検索エンジンであってもbingを経由しないとページを開くことができなかったりします。

 

特にgoogleは、日本では最も利用している人が多く、様々なサービスを提供していますが中国国内ではgoogleが提供しているサービスすべてに接続することが出来ません。

 

 

私は日本で主にgmailを利用していたので、中国に来てからメールを開くことすらできなくなってしまいました。

 

また、規制されているネットのサービスを見てみると、ラインやFacebook、Instagramなど、日本では主流で使われているSNSサービスがすべて使えません。

 

そうなるとどうなるか…

 

中国にいる間はSNSに近況をアップできなくなるだけでなく、日本にいる人たちとメールすることすらできなくなってしまうのです。

 

国境や距離を感じることなく連絡をとれる手段のあるこの時代に、電話や限られたメール、SNSサービスしか使えなくなってしまうという、何とも不便な中国。

 

中国政府は国民が何を検索しているのか監視でもしているのでしょうか。

 

では、中国はなぜこんなにも厳しいネット規制をするのでしょう?

@bartaro また、他の国との情報を遮断している理由は、1. 政府による情報統制のため 2. 人民が他国のブログサービス等を荒らすのを防ぐため 3. YouTubeのような動画サービスを人民が見始めると、あっという間に回線がパンクしてしまうため 等々だそうです。

貼り付け元  <http://bartaro.sakura.ne.jp/blog/archives/609>





1、政府による情報統制のため

これは大いにあるでしょうね。外国からの情報が入ってしまうと中国としては都合が悪いのです。

これは旦那さんと話しているととてもよく感じることですが、歴史的なことや中国のことだけでなく、他国についても誤った認識をしているなと感じます。

視点が異なれば様々な見え方があるのは当然のことなのですが、それが「自分の考えが絶対!」となってしまっているあたりが

「中国の情報操作恐るべし…」

と思います。日本も昔戦争中には正しい情報を入れてもらえず政府に踊らされてましたよね、正にそんな感じなのかもしれません。

2.人民が他国のブログサービスを荒らすのを防ぐため

ブロックしないといけないほど中国人のマナーは酷いのでしょうか?

顔も見えず名前も偽れるネットのサービスは、ある程度のマナーをわきまえた人が使わないと様々な問題に発展してしまいますからね、それは中国だけでなく日本でも同じです。

中国政府は規制する必要があると感じているのですかね。

3.YouTubeのような動画サービスを人民が見始めるとあっという間に回線がパンクしてしまうため

中国人は動画が好きなのでしょうか…。確かに動画をよく見てますね、中国国内での動画サービスも充実していますし。

中国人の動画好きの理由として、「充分な教育を受けられなかった世代がユーザーの大半を占めている」というのもあるのではないかなと、私は思います。

 

みなさんご存知のように、現在34歳前後の年齢から下は一人っ子政策世代です。

単純に考えて教育をちゃんと受けられるようになった世代の人口は、教育を満足に受けられなかった世代の半分。

文字の読み書き、私たちにとっては当たり前のことですが私たちの親世代の中国の方たちはそれが満足にできません。(もちろん、すべての人がそうではなく教育をしっかりと受けられた人もいます)

 

13億という想像できないほど多い人口をもつ中国。

それらの人たちが特定の動画サイトにおとずれ回線がパンクするのを防ぐ目的もあるのですね。

 

 

懸念されている事が多々あれど、結局のところ一番大きい理由は1ではないかと、私個人的にはそう思います。

大きな国で激しい気性を持つ中国人民を統制するには情報操作でもしないとやっていけないのかもしれません。





中国滞在中に接続できるメール会社

中国から日本にメールしたい!と目線の先にあるスマホ

ネット環境を整えず、準備不足で中国国内に一歩足を踏み入れると今の私のようにメールのやりとりすらままならなくなってしまいます。

なので今までは中国に来た時には主にyahooメールを使って日本とやりとりをしていました。

 

スマホもそのまま使用すると通信料金がものすごくかかってしまうので、機内モードにしてつながらないようにし、旦那さんの実家にあるPCを借りてメールのやりとり。。。

ものすごい不便です。

20年ぐらい前にタイムスリップしたような感覚です。笑

 

 

スマホもホテルについているwifiにつなぐことができればネットをすることはできますが、現地のwifi環境だと上記のネット規制がかかるので不便さは感じます。

 

また、国際の通信料金がかかってきてしまうのでwifiにつなぐ時にも機内モードは解除しないように気を付けましょう。

 

キャリア契約しているメールアドレス(ezweb.ne.jpやdocomo.ne.jp、softbank.ne.jp)は

ものすごい田舎や山奥とかでなければ海外でもつながるとはおもいますが、海外料金がかかってきてしまい気にせずに使っていると月末の請求時にびっくりする事になってしまうので、

通信費を少しでも抑えたいと思うなら、PCのメールサービスを利用して現地のwifiにつないで通信するのがベストです。

 

 

googleは使えないので、yahoo

https://www.yahoo.co.jp/

 

もしくはoutlook(msn)

https://outlook.live.com/mail/inbox

は使用可能です。

 

 

私も今回はスマホを旦那さんの実家のwifiにつなげたので実家にいる間はインターネットにつなぐことができました。

 

日本にいるときと同じようにlineやgmailの新着メッセージのお知らせは画面に表示されるのですが、開けません。。。メッセージが届いているのは分かっているのに読むことが出来ないという、何とももどかしい状況。

 

 

唯一ダウンロードしておいてよかったなと思うアプリがskypeです。

 

流石skype。日本に居るときには限られた人とのやり取りにしか使っていなかったのですが、中国でも普通につなぐことができ、使っていてよかったな~と。

 

skypeでつながれる人を増やしておけば、中国にいても連絡がとれないもどかしさを感じることは減るかもしれません。





wordpress(エックスサーバー)のセキュリティー設定

webセキュリティーイメージ
一番の盲点だった、海外からwordpressの管理画面にアクセスできないというエックスサーバーのセキュリティー設定。

知っていれば出発前にセキュリティー設定を解除しておいたのですが、、、

 

エックスサーバーには海外からの不正なアクセスを防ぐために海外サーバーからのアクセスをブロックする設定がされています。

 

日本に居るときにはしておいたほうが良い設定ですが、海外滞在中には設定を解除しないと管理画面にアクセスができません。

 

中国に限らず、海外でwordpressの更新やエックスサーバーで運営しているブログの更新をしようと思っている人はセキュリティー設定を確認してから渡航されることをおすすめします。

 

 

エックスサーバーセキュリティー設定解除の方法についてはこちらを参照

https://www.xserver.ne.jp/manual/man_server_wpsecurity.php

 

中国に到着してからwordpressの管理画面を開こうとしても開けず、エックスサーバーにログインして設定を解除しようと思ってもIDとパスワードが分からなくてログインできずで…泣きそうです。





中国のインターネット規制を回避できる、vpnとはいったい何?

vpnのイメージ

旦那さんの実家があるのでこれからも何度となく来ることになるだろう中国。

その時に今回のような失敗をしたくないと思い中国のインターネット規制を回避できる方法を調べていると出てきたvpnという言葉。

 

 

vpnっていったいなんぞや?

 

 

私も初めて聞いた言葉なのでうまく説明できるかわかりませんが…。

 

 

通常のインターネット回線を使用するとたくさんの情報が行き来していて情報が盗まれたり改ざんされたりというリスクが伴います。

 

そのため会社間(もしくは個人)で、離れたところにいる相手とやりとりをする時に絶対に情報が外に漏れないようvpnを使用することがあるそうです。

 

そのvpnを使用することで中国に居てもネットのやりとりを第3者に見られることや、改ざんされること、ネットの規制なども受けることなくインターネットが使えるようになるらしいのです。

 

信頼できるvpnを使用する方法は、ネットの規制が強い中国でインターネットを楽しむならとても安全かつ便利な方法のようです。

 

一言でvpnサービスと言ってもいろんな種類があるようなので、中国にいて使いやすいvpnを調べたのでいくつか載せておきます。





VyprVPN

https://www.acceleratorcn.com/vyprvpn/buy-vpn?offer_id=60&aff_id=1998

特徴

・接続アプリが日本語対応済み

・中国からの申し込みが可能

12VPN

https://twelveweb.com/?aff=764

特徴

・同時に接続できるデバイスの数が無制限

・日本語非対応

・中国からの申し込みが可能

ExpressVPN

https://www.express-vpn-signup.co/jp

特徴

・90か国以上にサーバーを設置しているアメリカ大手VPN

・公式サイトと接続アプリが完全日本語対応済

・公式サイトは規制されているので日本にいるときに契約していくか、その他の方法(他vpn使用、もしくは海外wifi使用)をもちいないと中国国内から契約ができない

 

 

長期的に中国滞在が決まっているのであれば信頼できる安全なvpnを使用することを検討するといいと思います。

ただ、中国のネット規制も年々強化されているようなので、永続的に使用できるという保証はありません。





これで中国のインターネット規制を回避!海外での使用を目的とした海外wifiレンタル

海外wifiをレンタルしてネット規制を回避して行く中国
今回痛い目を見たのでいろいろと調べてみました。

 

中国でのネット規制は中国国内にいるとどうしててもたちうちするのが難しいので、日本に居るときからの準備が本当に大事だなと。

 

どうやら海外に行く際にスムーズなネット環境を楽しみたい方は海外wifiのレンタルをされる方が多いようです。

リーズナブルで有名どころなのがこちらのwifiレンタル。

https://www.imotonowifi.jp/

 

日本に居たときにwifiを持っていこうか契約をまよっていろいろ調べていた時にこのサイトの広告を見たんですよね~!でもその時には海外wifiレンタルの必要性が分からずスルーしてしまっていました。

 

 

海外で現地のネット環境を使おうと思うと中国に限らず言語の壁や主流のサービスが日本とは異なり必ず不便さは感じます。また、速度が遅いというのも結構なストレスですし、何より情報が監視されていたり、改ざんされたり、個人的な情報が外部に漏れる危険性が常にあります。

 

普通に日本でのポケットwifiを購入し持参すると

・スマホと同じく海外料金がかかってきてしまう

・契約に2年や3年などの期間の縛りがあり契約期間を過ぎずに解約すると解約金が発生してしまう

などのデメリットがあります。

 

 

その点レンタルであれば一日いくらという形で貸し出しをしてくれるので、どこに行くのか、なんにち滞在するのかで料金は変わってきますが無駄なくスムーズなネット環境を利用できそうです。

 

 

また、wifiレンタルを検討していた時に心配をしていた「出発するまでに本体が到着しなかったらどうしよう…」という問題ですが、

出発当日に空港で受け取り、帰国後も空港で返却するので本体を郵送する手間や間に合わないかもしれないという心配もなくなります。

 

 

ちなみに中国だったら一日いくらでレンタルが出来るのか調べてみました

10日間の滞在で約15000円。

 

 

現地ではメールくらいしか使わないのであれば、さほど必要性を感じないかもしれませんが、移動中にネットを使いたかったり、ブログの更新やアップロードをリアルタイムでしたいのであればその他いろいろな方法を考慮してみても、海外wifiレンタルが一番リーズナブルで目的に適しています。





 

中国でネットを自由に使うために日本で準備しておくこと

ちょっと待った!中国行く前にちゃんと準備して

1.日本との連絡手段を確保

・yahoo、もしくはoutlook、skypeなどの中国で使用可能なメールやSNSサービスの中で自分が使いやすいサービスに登録し、知人の連絡先を登録しておく

連絡手段があっても相手の連絡先が分からなくて連絡が取れない…なんてことが過去何度もあるました。涙

 

・よく連絡を取っている人には中国のネット規制の事を伝えて、連絡可能な方法も伝えておく

何日も返信がないと相手が心配したり、シカトされていると誤解されかねません。

2.様々なサイトのIDやパスワードはどこかにメモしておく

普段はデスクトップを使っていたりすると、デバイスの中に保存されているパスワードは記憶していなくていざ、他のデバイスからログインしようとするとIDやパスワードが分からずに中に入れない…

なんてことがよくあります。

私も今回はwordpressのIDとパスワードは日本に居た時にちゃんと移動用デバイスに記憶させておいたのですが、サーバーの方は盲点でした…。
「使わないと思う」IDやパスワードでも念のためどこかにメモして持参する方がいざという時に困りません。

3.滞在中のネット環境を整える

現地のwifiを使用するのか、それとも日本で海外wifiをレンタルしていくのか、信頼できるvpnを契約していくか、、、滞在期間や自分が現地でどんな行動をとるのか、仕事の状況等を考慮して、検討し、準備をしていきましょう。





まとめ

保育園に関する情報ではないのでこの記事を載せるのかは迷ったのですが、ブログの運営に関する情報もこれから少しづつ記事を書いて行きたいなと思っております。

 

失敗続きの中国滞在でしたが、今回の経験からどんな準備をして中国に来ればいいのかちょっとわかった気がします。

中国滞在中の大きなストレスの一因がこのインターネット規制だったので。

そこがもう少し自由になれば私のストレスも大分緩和されるのではないかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました